少ない選択肢だから、せめて美味しいモノを

画像

今日の歩数・・・3509
今朝の血圧・・・137―82
今夜の血圧・・・132―76
母親が去年の3月に圧迫骨折で入院してから、可能な限り付き添っています
食事の介助と、認知症の進行を少しでも遅らせたいと思っての付き添いです
母親のお昼ご飯の介助が終われば、自分のランチタイムになります
病院に入院中は、母親が眠っている間に病院内の食堂へ行ったり、近所のレストランを利用したりと、選択肢は色々ありました
特養には施設内に食堂は在りませんし、近所の食べ物屋さんもパチンコ店に併設されたレストランのみです
そこで、あらかじめコンビニか近くのスーパーでサンドイッチやお握りを買って行く事が多くなりました
近所のスーパーの『お握り』売り場には、2種類のお握りが並んでいます
しかし、何時も『手作り風のお握り』が売り切れなのです
山のように在るのは、コンビニで見掛けるお握りばかりなのです
それが今朝は、珍しく『手作り風のお握り』が、まだ在ったのです
もちろん、迷わず手が伸びました
色々な種類の中から『赤飯』のお握りと『生姜枝豆ご飯』のお握りをチョイスしました
特に、生姜が利いた枝豆ご飯のお握りの美味しい事
これなら、毎日食べても飽きないぐらいの美味しさです
明日は在るかなぁ
ランチの選択肢は少ないのですから、せめて美味しいお握りをゲットしたいなぁ

写真は、赤飯と生姜枝豆ご飯のお握り

"少ない選択肢だから、せめて美味しいモノを" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント