九州未踏の佐賀県へ

DSC_2410.JPG









これまで九州で、唯一足を踏み入れていないのは佐賀県でした

ホテルで早目の朝ご飯を済ませ、9時代の電車で佐賀を目指しました

熊本から鹿児島本線で鳥栖まで行き、長崎本線に乗り継いで着いたのは『吉野ヶ里公園駅』です

昭和61年に工場団地の開発の為の発掘調査によって発見され、当時は一大古代史ブームを巻き起こしました

およそ50ヘクタール(福岡ドームの6個分~と言われても、よう分からん)にわたって残る、弥生時代の日本最大級の大規模な環濠集落跡とされています

遺跡には、高床式倉庫や物見やぐらや竪穴式住居など97もの建物が復元されていて、2100年前の弥生時代にタイムスリップする事ができます

現在は『国営吉野ヶ里歴史公園』として、一部を国が管理する公園となっています

国営の隣には、県が管理する公園も在り、両方合わせると福岡ドーム117個分だそうです(ますます分からん)

古代ロマンに充分に浸り切って、電車で10分少々で佐賀に到着しました

駅前のホテルに荷物を預け、遅めのランチで腹ごしらえです

中途半端な時間で大した店が開いていないので、うどん屋に飛び込み『丸てん うどん』を注文しました

現役時代に福岡の平和台球場へ出張して『天ぷら うどん』を注文したら、関西の天婦羅では無く練り物の『丸てん』が出て来た時にはビックリしました

九州では、練り物の天ぷらが器に合わせて丸くなっているので『丸てん』なんだそうです

それからは平和台球場への出張の度に『丸てんうどん』をオーダーするのがクセになりました

虫養いを終えてホテルに戻り、服を着替えて佐賀市民文化会館へ向かいました

昨日に続いて、アリス全国ツアーの佐賀公演です

今日の座席は、最前列の一番下手です

矢沢透さんのパーカッションがお腹に響く迫力で迫って来ました

谷村新司さんの『一緒に歌って』とのお誘いに、一番近い堀内孝雄さんに聞こえたのでは無いかと思うほど声を張上げました

全国ツアー九州公演の2日間を、充分に燃焼仕切ったアリスのコンサートでした

コンサートの余韻に浸りながら、昨日の熊本のコンサートでバッタリ逢った友人とディナーです

佐賀と言えば『佐賀牛』『伊万里牛』、それに呼子の『烏賊』が有名です

さらにB級グルメでは、『シシリアンライス』『からつバーガー』『井出ちゃんぽん』と言ったところでしょうか

駅前の地魚の店に入り、呼子の烏賊を頼んだら『今日は入荷が在りません』というでは在りませんか

生の烏賊は無いのですが、一夜干しやフライが在ったので頼むと、肉厚で美味しい事と言ったらありません

やっぱり、『生の烏賊も食べたかったなぁ』と、これが唯一残念な九州旅行でした


写真は、吉野ヶ里遺跡

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント