ネットと新聞記事で涙する

画像

今日の歩数・・・12045歩
今朝の血圧・・・139―88
今夜の血圧・・・137―82
久し振りに心暖まるネット記事と、新聞記事に触れました
少し前のネット記事では『叔父の葬儀に沖縄に向かっていた高校生が財布を落とし途方に暮れていたら、見ず知らずの男性がお金を貸してくれて叔父の葬儀に間に合った。パニックになっていて、お金を貸してくれた男性の名前も連絡先も聞かなかった。お礼が言いたいので、その男性を探している』というモノでした
先日の夕刊によると、その男性が名乗り出たのです
男性は同僚から『騙されたんだよ』と言われていたのに、その同僚がインターネットの記事を見付けて男性に教えた~というモノでした
男性は、『少年の話を信じて良かった』と話し、近々高校生と男性が再会する~という記事でした
しかも、失くした財布も見付かり、現金も無事だったと言うのです

世の中、捨てたモンじゃ無い~日本はエエ国やなぁ~と新聞記事を読みながら、思わず涙が溢れました

そう言えば我がパートナーも数年前に、フィリピンから到着したばかりの男性が財布を失くし困っている時に、2000円を渡した事が在りました
翌日には、日本在住の男性の娘さんから、振り込みがあったそうです
パートナーも、『2000円なら騙されて返って来なくても いいやぁ』と思って貸したのだそうです
フィリピンから来た男性は、自分の娘が暮らしている日本という国は親切な人が住んでいるのだという事を身を持って経験して、これからも娘が日本に住む事に心から安心したのではないでしょうか

袖すり合うも多生の縁

僕は『性善説』を信じます
世の中、イヤな事件や悲しい事故が溢れています
でも、心からの悪人は居ない~と思いたいのです

写真は、夕刊の記事

この記事へのコメント