自分の価値観と社会常識がイコールとは限らないのです

画像

今日の歩数・・・12119歩
今朝の血圧・・・139―83
今夜の血圧・・・131―79
今日は申し込んでいた『粗大ゴミ』を出す日でした
以前なら無料だった粗大ゴミも、今では事前に役所に申し込み、出す日が指定されます
さらにコンビニ等で、出す粗大ゴミの大きさ等で決められた料金を支払い、渡されたシールを貼らないと持って行ってくれないのです
今日は、使わなくなったステレオコンポと布団、それにゴルフバッグを出しました
生憎の雨で、捨てる布団とは言え、回収する清掃局の職員さんがグッショリ濡れて重くなった布団を運ぶのは大変だろうと、大きなビニール袋に入れて指定場所に出しました
実は、隣の白いカップボードは昨日の夕方から置かれてあったのです
粗大ゴミは『その日の朝9時までに、所定の場所に出して下さい』と指定されています
朝9時までに~と言ったら、常識的には『その日の朝から9時までに』という意味ではないでしょうか
幾ら『9時までに』~でも、前日はアウトでしょう

たぶんカップボードを出した主は『生ゴミじゃ無いから前日に出しても迷惑にはならないだろう』と自己判断をしたのでしょう
この『自己判断』というのが、社会生活をする上で問題なのです
自己判断とは、自分の価値観を優先させるモノです
自分の価値観と社会常識(ルール)が、イコールとは限らないのです
御近所さんと仲良く暮らすには、自分の価値観よりも社会常識を優先させて欲しいなぁ~と思うのですがねぇ

写真は、粗大ゴミ

この記事へのコメント