何年経っても変わらぬ先輩に、隣の人間国宝を

画像

今日の歩数・・・8132歩
今朝の血圧・・・143―84
今夜の血圧・・・102―57
関西テレビの『よ~いドン』という、人気番組が在ります
それまで15年間に渡って放送していた『痛快!エブリデイ』の後継として始まりましたが、最初は全く期待していませんでした
東京のローカル番組で成功した『街ぶら』がメインの番組で、ホンワカとした内容ではありましたが、前身の『痛快エブリデイ』の様な、切れ味鋭い面白さに欠ける番組でした
ところが、その内に番組に力が付いて来て人気となり、もう10年にもなるそうです
番組は、円ひろし~織田信成~月亭八光が、街歩きで触れ合った地元の有名人やユニークな活動をしている人に『隣の人間国宝』のステッカーをプレゼントする~と言う内容です
曜日変わりのコーナーも在り、水曜日は漫才コンビのロザンが出演する『ロザンのうんちくん』というのが在ります
実は、その『うんちくん』のコーナーに、古巣の先輩が出演したのです
会社では野球の中継を一緒にやり、出張も何度か御一緒しました
当時の川崎球場への出張の時には、グルメな先輩は横浜の中華街近くのホテルを予約してくれました
野球中継が終わったら、晩御飯は中華街で食べよう~という算段です
ところがナイター中継が終わってホテルへ戻る頃には、中華街のどの店も営業時間が終わってシャッターを降ろしていたのでした
かろうじて、翌朝の朝ご飯は、何とか開いている店を見付け、中華粥を食べたのを思い出します
大阪国際女子マラソンの最初のレポート担当の時にはディレクターとして横に着いてくれましたが、目の前を一瞬で駆け抜けて行く先頭集団に、先輩が用意してくれた資料の出番が無いままに中継は終わってしまいました
学生時代にラグビー部だった先輩に、寒い花園ラグビー場でラグビーの実況練習に付き合って貰ったり~とお世話になった方です
また、民放祭番組コンクールでは、何度も受賞する作品を作る『民放祭男』と呼ばれた方でした
1つの事をジックリと掘り下げ、納得の行くまで調べあげて番組を作るタイプで、決して『切れ者』というイメージでは無く、むしろ『鈍重』ではあるけれど、結果を出して行くタイプでした
リタイアする前から、一時は途絶えてしまった浪速伝統野菜の『田辺大根』の復活・普及活動に携わったり、地域寄席として伝統ある『田辺寄席』の運営スタッフをしたり、戦争体験の継承などボランティア活動を熱心にされていました
今日の『ロザンのうんちくん』では、長居公園のスペシャリストとしての登場でした
営利を求めない『まち歩き』『まち遊び』の活動をしている『大阪あそ歩』のボランティア・ガイドをしているのは、今回 初めて知りました
出来る事なら『隣の人間国宝ステッカー』を、先輩にプレゼントして欲しい程です
現役当時、カミソリ負けから仕方なく髭を伸ばし始め、それがトレードマークになって剃るに剃れなくなってしまった白いアゴ髭が、さらに立派になっていました
久し振りに先輩の変わらぬ姿を視て、ここには書けない先輩の数多くのエピソードを思い出したのでした

写真は、テレビ画面より

画像
画像
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント