音読は、ストレス解消~誤嚥性肺炎の予防

画像

今日の歩数・・・3813
今朝の血圧・・・156―84
今夜の血圧・・・117―77
小学生の頃は、国語の時間によく『音読』をさせられましたねぇ
どちらかと言えば得意な方で、先生に誉められた事が将来の職業選択の切っ掛けにもなったかも判りません
大人が文章を読む時は『黙読』をする事が圧倒的に多いと思います
でも『音読』には『黙読』には無いメリットが沢山あるのだそうです

①気持ちが落ち着く
気持ちを落ち着かせる作用のあるセロトニン(神経伝達物質)は、音読をすることで多く分泌されます
音読を習慣にすることで、安定した精神状態を導くだけでなく、認知症やうつの予防にも効果が期待できます
②やる気が出てくる
やる気や自制心を司る脳の前頭葉は、音読によって刺激することができます
前頭葉は意識して動かすことが必要で、音読はその適した手段です
③ストレスが解消し、抵抗力がアップする
大きな声を出すことで、ストレスホルモンが少なくなるだけでなく、内臓の働きも活性化しますから、病気に対する抵抗力も高まる可能性があります
④脳が活性化される
『黙読』は目で情報を読み取って脳にインプットしますが、『音読』では声に出して文章を読むアウトプットが加わります
音読は視覚と聴覚の両方を同時に用いることで、脳の活性化に効果があるのです
⑤誤嚥性肺炎の予防に役立つ
のどの筋肉は年齢と共に衰えていきます
音読でのどの筋肉を自然に鍛えることで、誤嚥性肺炎の予防に繋がります

この『おとなのための1分音読』で、久し振りに大きな声で名作を読んでみましょうかぁ

写真は、おとなのための1分音読

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント