水分補給に、7つの給水タイミング

画像

今日の歩数……4763歩
今朝の血圧……134―86
今夜の血圧……138―80
今日は湿度も高く、蒸し暑い1日でした
暑くなると汗をかく分、意識して水分の摂取を心がける必要があります
人間の身体は沢山の水分が含まれていて、成人男性で体重の60%、新生児で約80%が『体液』とよばれる水分でできています
つまり、体重70kgの成人男性ならば、約42リットルもの水分を体内に蓄えていることになります
その一方で、排泄(尿・便)、呼気、汗などから1日におよそ2500mlの水分が失われます
それを補うためには、飲み物や食べ物から同じだけの水分を摂り入れなければなりません
体格や食事内容にもよりますが、食べ物に含まれている水分を除き、飲み物から最低でも1日1,200~1,400ml程度の水分を摂ることが推奨されています
さて、そこで母親の水分摂取量です
目の前にお茶を用意しても、なかなか飲んでくれません
オヤツの時に、『エンシェア・リキッド』という、経腸栄養剤を飲んでいますが、これは水分補給のためも有りますが栄誉補給の意味も有ります
エンシェア・リキッドは、1Kcal/mlと表示が有ります
1缶が250mlですから、この1缶で250Kcalある訳です
あとは、経口補水液の『OS-1』の500mlです
以前は、OS-1を1日に1本から1本半ほどは飲んでいたのですが、まともに食事が摂れるようになってからは『これは、辛い』と敬遠するようになってしまったのです
そこで不足する水分補給用に、カフェオレを買って来ました
さぁ、どれぐらい飲んでくれるかなぁ
ところで、水分補給は母親だけでは無く、僕も心掛けなければなりません
ポイントは『喉の乾きを感じる前』に、水分補給をするのがベターです
1日に必要な量の水(1,200~1,400ml)を飲むには、ホンの少しの工夫が必要です
つまり、水を飲むタイミングを決めておくのです
①起床時 
②朝食時 
③昼食時 
④休憩タイムの午後3時頃 
⑤夕食の前後 
⑥入浴の前後 
⑦就寝前
……といった具合に、7つの水分補給タイムにコップ1杯(200cc)の水分を飲めば、一日に摂るべき水分は容易に摂れるのです

写真は、エンシェア~OS-1~カフェオレ

この記事へのコメント