国力増強は、『こどもの日』の趣旨を変える

画像

今日の歩数……4319歩
今朝の血圧……136―93
今夜の血圧……124―72
今日は『こどもの日』です
祝日法2条によれば、『こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する』ことが趣旨だそうです
総務省が発表した4月1日現在の14歳以下の子供の数は、1553万人で前の年に比べて17万人も減り、37年連続の減少だそうです
14歳以下の子供の数は、昭和29年の2989万人をピークに減少し、昭和46年から49年の第2次ベビーブームに増加したのですが、昭和57年からは一貫して減り続けているのだそうです
少子高齢化は今後ますます進み、2053年には日本の総人口が1億人を下回リ、2065年には総人口が8808万人になると推計されています

55歳の早期選択定年でリタイアしてしまった『非生産者』の僕が言うのもナンナンですが、国力の増強は『生産年齢人口』を如何に増やすかなのでしょうねぇ
国力増強の為には、憲法を変える前に、祝日法の『こどもの日』の趣旨を『子作りを奨励する日』に変えた方が良いのでは(結局、下ネタかい

写真は、♪屋根より高い『鯉のぼり』

この記事へのコメント