身につまされるインタビュー記事

画像

今日の歩数……4475歩
今朝の血圧……127―87
今夜の血圧……120ー77
漫才コンビの『春やすこ・けいこ』と言えば、昭和50年代の漫才ブームでアイドル的な人気を誇り、昭和56年の上方漫才大賞新人賞に輝いた松竹芸能の売れっ子女性コンビでした
持ちネタの一つ、当時のアイドル歌手・松田聖子の悪口で全国区の人気漫才師として存在感を示していました
今は、それぞれが独自の活動をしていますが、去年の5月26日には、一緒に番組をやっていた春けいこチャンが我が家に来てくれてホームパーティもしました
一方の春やすこさんは、テレビドラマ『スチュワーデス物語』や、最近では『陸王』に出演したりと、女優業が忙しいようです
その春やすこさんが、ご両親の介護を自宅で行っていたのは有名な話です
昨日の新聞に、自宅介護で疲弊しながらもケアマネージャーのアドバイスから『介護しながら、いかに楽しむか』と切り替え、それまでの考えから180度世界が変わって介護をする事が出来た~と言う体験談のインタビュー記事が載っていました
ケアマネージャーに『眉間にシワ寄せてされるよりも、リフレッシュして笑顔で接する方が、介護される側も楽ですよ』と言われたのが切っ掛けになったのだそうです
春やすこさん流に言うと、1人で完璧を目指さずに『ずぼら介護』で、介護保険や周りの人の協力を仰いで心に余裕を持って接した方が、介護する側も介護される側も楽になる~という事です
母親は、調子の良し悪しが日によって変わります
春やすこさんの新聞記事が、身につまされ肝に銘じようと思ったのでした

写真は、春やすこさんのインタビュー記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント