始まりの瞬間に立ち会えた

画像

今日の歩数……7749歩
今朝の血圧……130―75
今夜の血圧……153ー83
朝から冷たい雨が降り続きました
今日は、豊中市立文化芸術センターへ行って来ました
確か以前は、『豊中市民会館』と言う名前だったのでは~と思ったら、案の定改装しての『グランドオープン』つまり、こけら落とし公演でした
木材がふんだんに使われていて、木の香りが心地良く感じられます
今日のこけら落としは、センチュリー交響楽団と谷村新司さんとのコラボレーションコンサートだったのです
コンサートタイトルは『TANIMURA CLASSIC with日本センチュリー交響楽団』です
いつもの聴き慣れた楽曲が、交響楽団の重厚な演奏で聴くと、また趣きが違って楽しいものですねぇ
しかも、時にはピアノ1台だけだったり、ピアノにアコギと弦楽四重奏での演奏だったりと多彩なコンサートになりました
全国ツアーと違って、こけら落とし公演ですから今日だけの公演です
ですから来場の谷村新司ファンは、関西だけでは無く全国から豊中に集まっていました
今夜限りのコンサートなので、セットリストを 載せておきます

Overture
チャンピオン
三都物語
秋止符
ココロツタエ
ポルカ《心ゆくまで》
心の駅
風の暦
北陸ロマン
遠くで汽笛を聞きながら
~休憩 ~

レストランの片隅で
秋のホテル
忘れていいの
Fara way
ポルカ《観光列車》
いい日旅立ち
群青
流星

~アンコール~
サライ

因みに、随分前のインタビューに 答えて谷村新司さんが言っています
『ステージには、二つしかないんです。はじまりの瞬間とファイナル、あとは全部その間です。その始まりのかけがえのない瞬間に、是非お越しください。このホールは、聞くだけではなく感じることができる素晴らしいホールですから』

今日は、始まりの瞬間に立ち会ぅことが出来ました

写真は、豊中市立文化芸術センター(イメージ図)

この記事へのコメント