予定を一つ削りました~素人でも良いのだ

画像

今日の歩数……10248歩
今朝の血圧……130―72
今夜の血圧……129ー66
今日は大忙しの1日でした
午前中は母親をディサービスに送り出し、夕方に帰って来てから晩ご飯の用意をする時間が無いので準備を済ませて、大阪駅前ビルの学習センターへ向かいました
今日は、LSC関西の人気同好会『旅に役立つパソコン勉強会』だったのです
ところが、いつもなら第4水曜日に開かれる『弁天寄席』が、今月に限って第5水曜日となりパソコン勉強会と重なってしまったのです
その上、2週間ほど前に、繁昌亭支配人から電話が有り『繁昌亭大賞の選考会を3時から開きますので、ご出席下さい』と連絡がありました
選考会の後に、文枝会長が出席して記者会見が開かれるので会長のスケジュール優先で今日に決まったのだそうです
パソコン勉強会と弁天寄席だけなら、勉強会を早引きして一旦自宅に戻り、ディサービスから帰って来た母親を迎え入れて早めの晩ご飯と服薬を確認して弁天寄席へ駆け付ける積もりでいました
それが、『繁昌亭大賞選考会』が割って入って来た時点で、かなり厳しくなりました
それでも昨日までは、『パソコン勉強会~繁昌亭大賞選考会~自宅に戻り早めの晩ご飯~弁天寄席』~と思っていたのです
流石に厳しいと思い直し、迷惑を掛けないように昨夜の内に學光さんに弁天寄席の欠席を伝えておきました
これで少しはマシになりましたが、余裕が出来た訳では有りません
勉強会を早引きしなくてはならないのは変わりません
今日のパソコン勉強会、テーマは『LINEを使おう』でした
先月からは、パソコンに加えてスマートフォンも勉強の対象になっているのです
僕も、LINEは始めたものの使い熟している訳では有りませんので楽しみにしていました
ところが前半は、スマートフォン全体の説明で時間が一杯になり、本題のLINEの説明に入る前にタイムアップです
他の世話人さんに後をお任せして、繁昌亭大賞選考会へ向かうために東西線の北新地駅から一駅隣の天満宮駅で降りて、上方落語協会ビルに向かいました
選考委員の皆さんは全員出席です
メンバーは主要新聞の文化部の記者や、落語の評論家や落語に造詣の深い大学教授といった方々です
いわば、お仕事で落語に接している方々ばかりで、僕のような『単なる落語の一ファン』は肩身が狭いのです
しかし、選考会が始まる前に春之輔副会長からご挨拶が有りました
春之輔副会長の話は、二代目春団治と奥さんのエピソードを例にしてのご挨拶でした

落語の感想を喋り出した奥さんに、春団治師匠が『落語の素人が口を出すな』と一喝したのです
ところが奥さんは『だってお父さん、寄席のお客さんは、みんな素人やろ』と返したのです
それ以来、春団治師匠はネタ下ろしをする時に、まず奥さんの前で演ってみて、意見を求めたと言います

この春団治師匠のエピソードを聞いて、『落語の素人が選考委員でも良いのだ』と意を強くしたのでした
ただ、僕のような落語素人の意見も、皆さんの結論とは大差ないのですがねぇ
さて、今年の受賞者は………
解禁は、明日の朝5時ですので朝刊でご確認下さい
いまFacebookを見たら、載ってるから写真だけ載せておきます

写真は、パソコン勉強会と繁昌亭大賞選考会会場の安藤忠雄デザインの上方落語協会ビルと不思議な形の会議机
そして、文枝会長と奨励賞受賞の2人(大賞受賞者は不在)です

画像
画像
画像

この記事へのコメント