僕のペット遍歴

画像

今日の歩数………9312歩
今朝の血圧、147-83
今夜の血圧、138-94
僕の人生の中には、常に動物が側に居ました
生まれてから4歳まで暮らした和歌山には、鶏が居たそうです
残念ながら、僕の記憶には有りません
4歳で父親の転勤で引っ越した先の淡路島には、先人が置いていった白い大きな秋田犬が居ました
大人しい犬で、4歳の僕が背中に跨って『鞍馬天狗ごっこ』をしても嫌がらずにジットしていました
名前を『シロ』と言いましたが、シロのお陰で、犬が大好きになったのだと思います
僕の前では大人しいシロも、夜な夜な高い塀を飛び越えて夜遊びに行っていた、遊び人ならぬ遊び犬だったらしいです
庭から外へは飛び越えられるのに、何故だか外から庭には飛び越えられなくて、何時も朝には塀の外で中へ入れてくれるのを待って居たそうです
外に恋人(犬)でも居たのでしょうかねぇ
それから、住み付いた野良犬にも名前を付けて可愛がりました
覚えているのは、『クロ』に『フク』と言う雑種でした
いちばん賢かったのは、スピッツのミックス犬の『マリ』でした
小高い山の中の一軒家の社宅から、下の道路に下りる階段で大嫌いな蛇に出合ってしまいました
たぶん小学校の低学年だった僕は、恐ろしさに足が竦んで動けません
遠く離れた我が家に向かって、張り裂けんばかりの声で、『マリィ~マリィ~』と助けを呼んだのです
すると、マリが脱兎の如く駆け付けて、行く手を阻む蛇にガブッと噛み付いたかと思うと首を2~3回激しく振ったのです
哀れ蛇は、真っ二つになったのです
あの時ほど、マリに感謝した事は有りませんでした
小学校5年生の時に、また父親の転勤で徳島へ引っ越す時に『犬は連れて行けないから』と言われ、泣く泣く近所のお知り合いに貰ってもらったのでした
引っ越し先の徳島も、最初の1年間だけの社宅は動物が飼えなかったのですが、さらに引っ越した先は我が家だけの一軒家の社宅です
やがて野良犬が住み付いて、姿格好が似ている事から、『二代目マリ』と命名しました
この二代目も賢く、僕が教える『お手』『お座り』『待て』は、言うに及ばず、障害物を『飛べ』や、遠くの物を『持って来い』や、遠くからの『そこで待て』~『来い』の遠隔命令等々、いろいろな指示を理解できる犬でした
犬の訓練の面白さに目覚め、将来は『犬の訓練士』を夢見た中学生でした
その後の僕のペット遍歴は、ジャーマンシェパードの『シーザー』・トイプードルの『パティー』と『サンリー』・イタチ科の動物、フェレットの『リンリン』と『ランラン:愛称らん太』・ヨークシャーテリアの『ルンルン』と続いたのです
ルンルンが死んでから1年になります
手元に動物がいないのは、実に寂しいものです
ただ、これから犬を飼うのは犬の寿命と自分の寿命を天秤に架けて考えれば、かなりのリスクが有ります
ウォーキングの途中で出会ったのが、『ホホミドリアカウロコインコ』と言うインコの一種でした
まだ4ヶ月の幼鳥で、外でも飛ばない様に訓練中だそうですが、可愛いこと
小鳥なら、犬ほどの世話も要らないし寿命の点でも大丈夫な様な気がします
今、とても小鳥が飼いたくなっているのです

写真は、ウォーキング途中で出会ったインコ

画像

この記事へのコメント