気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 10万円の珈琲は遠慮して、1800円のにしました((+_+))

<<   作成日時 : 2016/12/09 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数……12201歩
今朝の血圧……137―78
今夜の血圧……142ー80
今週の月曜日に、『童謡の伝道師』こと『もり・けん』さんのお祝いの会ここをクリック)で、たまたま隣の席の方と名刺交換をしました
僕の名刺の住所を見て『有名な喫茶店の近くですねぇ』と言われました
そうなんです
家の直ぐ近くに、『コーヒーだけの店』と壁に書かれた『ミュンヒ』と言う店が在るのです
外観からは想像できませんが、珈琲好きのマニアが日本全国から訪れる珈琲通には有名な店なのです
ご本人は柏原市在住ですが、ミュンヒの2軒隣が親戚の家なんだそうです
さらに、和歌山の白崎にログハウスを建てたと言う話にビックリです
白崎は僕が生まれた所で、白崎の中でも、生まれたのは『大引』と言う地区なのですが、ログハウスの建っているのは正にその『大引』なのだそうです
偶然の重なりに話は盛り上がり、『金曜日にミュンヒに行くから電話するわぁ』と言うのです
こんな時の話は社交辞令も在り、本当に電話が掛かって来るとは限りません
当てにせずに居たら、本当に掛かって来たので、久し振りに『ミュンヒ』へ行って来ました
基本的に珈琲は飲みませんので、ミュンヒに入るのは10数年ぶりです
いつ前を通っても繁盛している様には見えませんし、数年前に真っ黄色に塗り替えた外壁はダサくさえ思えます
外観からは想像できませんが、出て来る水はバカラ製のグラスに入って来ます
コーヒーカップは、マイセンや古伊万里で、中には時価数百万円もする珈琲カップも有るそうで、そんなカップで飲んだら手が震えそうです
店の中には世界に5台しか無いドイツ製オートバイの名車で、店の名前にもなっている『ミュンヒ』が飾られていますし、店内に流れるBGMは真空管アンプを通しています
中原中也のサイン入り初版詩集(時価150万円相当)も飾られています
珈琲を注文すると、出て来るまで1時間ほど掛かるのですが、そんなに待ってまで飲む程の珈琲好きでは無いので『シルクロード』と言うアイスコーヒーをお願いしました
深くて濃厚で、普通のアイスコーヒーとは全く違うものです
10数年前は800円でしたが、1300円になっていました
ランチより高いアイスコーヒーですが、これで驚いていてはイケません
この店で1番高い珈琲は『熟成樽仕込氷温珈琲20年貯蔵』で、珈琲カップ1杯が10万円します
10万円は無理だけど、どうしても味わってみたいと言う方には、スプーン半分1000円の『お試しコース』が有ります(僕はイランけど
珈琲好きの方は、一度は行く価値有りの店です
珈琲も濃いけどマスターは、それ以上に濃く蘊蓄が続きますので、それなりの覚悟で来て下さい

写真は、バカラ製のグラスに入ったアイスコーヒー『シルクロード』と水、店内のドイツ製オートバイ『ミュンヒ』(奥には真空管アンプ)と真っ黄色の外壁

画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
10万円の珈琲は遠慮して、1800円のにしました((+_+)) 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる