気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西人には毛蟹よりズワイガニ、やっぱり毛には縁遠いのです

<<   作成日時 : 2016/11/04 22:20   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数……14876歩
今朝の血圧……137―86
今夜の血圧……168ー82
一昨日、兄夫婦から届いた北海道土産の毛蟹を戴きました
冷凍毛蟹の食べ方ですが、『鍋に入れるから凍ったままで』なんてのは以ての外なんだそうです
鍋に入れる場合でも、まずは解凍しなければパサパサになってしまうのだそうです
その解凍方法も電子レンジは絶対にダメで、常温での自然解凍よりも、冷蔵庫の中で12時間〜24時間かけてユックリと解凍するのが一番良いのだそうです(別の記載では36時間とも
備忘録として、冷凍蟹の解凍方法を以下に記しておきましょう(自分では買わないから、誰かが贈ってくれた時用に:もう無いかもねぇ

解凍の仕方には、以下の注意点をぜひご参考にしてください。
(1) 冷凍カニは室温ではなく、冷蔵庫の中で、ゆっくりと解凍してください。
解凍時間は大きさ、カニの種類にもよりますが、12時間から24時間程度を目安に、なるべく時間に余裕を持って解凍を行ってください。
室温などで急速に解凍を行いますと、かにの旨みであるエキスが流れ出てしまい、身もパサパサになってしまいます。
参考の解凍時間 (冷蔵庫の温度・個体差があります。ご注意ください)
タラバガニ姿、毛蟹は、約24時間
カットしてないタラバガニ足は、約24時間
カットされたタラバガニ足は、約18時間

(2) 冷蔵庫で解凍する場合も、乾燥を防ぐために新聞紙、キッチンペーパーで包み、水切りパットに入れ、さらにビニール袋に入れて頂ければ万全です。
包み紙が濡れてきますが、これはエキスの流出ではなく、出荷前に乾燥を防ぐため表面にグレース(薄い氷の膜)処理をしたものがとけただけでございます。ご安心ください。

(3) 毛蟹など姿(甲羅付き)を解凍する場合は、仰向け(甲羅を下)にして解凍を行ってください。
カニみそが流れ出ることを防ぎます。

(4) カニ足などは、その日に食べる分だけを解凍してください。
再冷凍しますと品質が低下してしまいます。

(5) なるべくなら避けていただきたいのですが、食事の時間になったのにどうしても解凍が間に合わなかったという場合は、ビニール袋に入れて流水で解凍する方法もあります。
ただし、電子レンジでの解凍は絶対におやめください。

(6) かに鍋など茹でて調理される場合も、冷凍されたままの調理は行わないで下さい。
冷蔵庫で6〜12時間程度の半解凍の状態で調理されるのが最適です。
焼きカニにする場合は、完全に解凍を行ってください

さらに、解凍してから初心者は、キッチンハサミと軍手が必要だそうです
因みに松葉蟹”とは、山陰地方(島根県・鳥取県・兵庫県北部・京都府北部)で水揚げされた“ズワイ蟹”の総称です
関西人は“松葉蟹”、関東人は“ズワイ蟹”と呼ぶことが多いそうです
北陸の福井県では“越前蟹”と呼ばれています
関西は、山陰や北陸に近いため、蟹といえばズワイガニの“松葉蟹”や“越前蟹”で温泉が付き物ですが、関東は“タラバ蟹”や“毛蟹”をイメージすることが多いのだそうです
ズワイガニならば、『かにすき〜かにちり』ですが、毛蟹はそのまま食べるのが一般的だそうです
昨日の昼から30時間ほど冷蔵庫で解凍しました
軍手を使っても痛かったですし、キッチンハサミが無くて包丁だけなら無理でしたねぇ
冷凍毛蟹を食べるには、かなりの時間と手間暇が掛かるのですねぇ
初めて知りました
残念ながら、『毛』には縁遠いので、よく知らないのです(ほっといて
画像

写真は、送られて来た毛蟹と鮭

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
関西人には毛蟹よりズワイガニ、やっぱり毛には縁遠いのです 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる