気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 三代目〜と言えば………『ジェイ〜』では無く『春〜』、『金〜』

<<   作成日時 : 2016/01/14 23:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

画像

今日の歩数………6459歩
今朝の血圧、130−66
今夜の血圧、144−88
パソコンの検索エンジンで『三代目』と入力すると、『三代目jSoul brothers』がズラッーと並びます
今の若い人達の間では、『三代目』と言えば、『三代目jSoul brothers』が当たり前なんですねぇ
僕にとっての『三代目』は、間違いなく『桂春團治』師匠です
三代目桂春團治師匠が、9日に亡くなり、既に故人の意向で親族と直弟子さんだけで密葬を済まされたそうです
他言無用との事で、孫弟子にすら知らせなかったのだそうです
春團治師匠の羽織を脱ぐ華麗な仕草に惚れ込んで弟子入りした人が居る程、所作の綺麗な気品の溢れる舞台姿でした
春團治師匠を詠んだ川柳に、『羽織脱ぐ手つきも舞の春團治』というのが在りました
ほとんど枕を振らずに本題へ入って行き、ネタも『野崎詣り』『お玉牛』『祝い熨斗』『いかけ屋』『代書』『寄合酒』『皿屋敷』『高尾』等の十数本に絞り、完璧主義者らしく緻密に計算され尽くした『端正・華麗』な高座でした
一番の想い出は、ご一緒した公開録音です
一台のタクシーに春團治師匠と司会役の笑福亭鶴三(後の松喬)さんと僕で、有馬温泉の高級旅館での落語一席は、お客さんもですがディレクターとして立ち会った僕にとっても贅沢な時間でした
行き帰りのタクシーの閉ざされた空間に、三代目と一緒に居る〜という緊張感と幸せに浸りました
これで上方落語の『四天王』と言われた、笑福亭松鶴師匠〜桂文枝師匠〜桂米朝師匠〜桂春團治師匠の全員が、極楽寄席へと移籍されました

今日は父親の月命日の前倒しで、お坊さんのお参りの後、墓参りに行って来ました
父親も落語は好きでしたので、四天王が揃った極楽寄席を楽しみにしているかも分かりません
若者の三代目は、『jSoul brothers』ですが、世界的に有名な三代目は『金正恩』だそうです(ジョークですよぉ

写真は、春團治師匠と四天王、墓参りの墓地霊苑から望む大阪平野

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
三代目〜と言えば………『ジェイ〜』では無く『春〜』、『金〜』 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる