気ままなブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 幸せの定義とは……

<<   作成日時 : 2014/11/09 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今日の歩数………5095歩
今朝の血圧、125−86
今夜の血圧、179−109
朝から雨の日曜日になりました
LSCのメンバーの皆さん達は、台湾の新竹へ1ヶ月のロングステイする組と中東3週間のツアー組が週末に旅立ち、それぞれがブログやfacebookで現地の様子をアップしてくれています
皆さん、たぶん僕より年齢は上なのに本当にアクティブで若々しい方々ばかりです
さて今日は、日本笑い学会のオープン講座でした
月に1回、弁天町の生涯学習センターで開いている講座は、笑い学会の会員でなくても自由に参加できるので『オープン講座』なのです
笑い学会の理事が会場の準備から講師の選択といった世話係をして運営しています
『日本笑い学会』が発足して20年になりますが、僕はそのほとんどで『オープン講座』の担当をして来ました
今日は第217回目のオープン講座のお世話係なので、お昼ご飯を済ませてから雨の中を車を走らせ行って来ました
今日の講師は立命館大学文学部教授の蔦野克己さんで、テーマは『何がそんなにおかしいの?〜笑いの根源といのちの不思議〜』と題しての講演でした
笑うことは、日常的で身近な経験でありながら、生きていることの謎に迫る極めて興味深い人間学的事象なんだそうです
先生のレジメによると、『近年「笑いの効用」が様々に論じられていますが、ここでは笑うことを、私たちの生き方の根本問題として改めて捉え直し、「笑いの効用」の彼方にあるものに眼差しを注ぎながら人間学的な考察を試みます
考察を通じて、誕生と死を含むこの人生の不思議さに思いを致し、生きることそれ自体のおかしさを祝う笑いに目覚めることができれば幸いです』…
と有ります
考えれば、『笑う』のは人間だけなのですねぇ
笑うには、それなりの感情と知能が必要で、人間以下の知能の動物は笑う能力は持ち合わせていないし、そもそも必要がないのだそうです
限られた人生、笑うことの多い時間が沢山ある事を『幸せ』と言うのですねぇ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
幸せの定義とは…… 気ままなブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる