関西人は給付、関東人は未納

画像

今日の歩数・・・6225歩
今朝の血圧・・・136―80
今夜の血圧・・・134―84
オレオレ詐欺の被害率が最下位だった大阪なのに、還付金詐欺になるとホイホイ引っかかってしまいました
そして、還付金詐欺に引っかかった関西人も、警察による注意喚起で引っかからなくなり、今は『給付金詐欺』が主流になったとの事です
関西人は、どうしても『お金が戻って来る』『お金が貰える』という言葉に騙されやすいらしいのです
それに対して関東人は、恥ずかしがる文化で『払い忘れている』と言われると、慌てて払い込んで騙されてしまうらしいのです
つまり『関西人は給付という言葉に弱く、関東の人は未納に弱い』という事だそうです
東西の地域性がよく出ている いかにもありがちな作り話のようで、ホントの話です
たぶん詐欺グループの元締めは『電話詐欺は、地域属性を見極めて的確な手法を!』と、激を飛ばしているんやろなぁ
もっと違うところで知恵を使えよなぁ
因みに京都府警は『だまされた作戦』を始めるそうです
大阪府警もやるなら、絶対に協力するのになぁ
僕の演技力で特殊詐欺グループを少しでも検挙するのに協力できると思うのだけれど
(以上は、友人のFacebookから一部参考にさせて頂きました)
写真は、ATMに貼り出された『還付金詐欺』に注意喚起するポスター

"関西人は給付、関東人は未納" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント