学術書の研究論文に掲載される事になりました

画像

今日の歩数・・・5339歩
今朝の血圧・・・137―81
今夜の血圧・・・109―65
東海地区の某大学で、教授をしている女性から連絡が有りました
元は関西を中心に活躍していた放送タレントで、何時の間にやら教鞭を執る様になり、今では『大学教授』の肩書きです
連絡の内容は、これまで書き溜めた論文を纏めて本にすると言うのです
そして『昔、インタビューさせていただいたのも掲載しようと思っています。仮名にしていますが、個人情報のこともあり原稿をお送りするので、一度見てもらえますか?』との事なのです
頼まれて、彼女の研究対象になりそうなアナウンサーやフリータレントを紹介した事は覚えていますが、僕自身がインタビューを受けた事など記憶には無かったのです
しかし、送られて来たゲラ刷り原稿を見ると、確かに僕の発言です
彼女の手紙によると『質問調査法といって、あんまり言葉を変えてはいけないので、気になると思うのですが~』とあります
喋った言葉が文字にされると、何と恥ずかしいモノでしょう
文字に起こされると判っていれば、それなりに気を遣って、アナウンサーらしい共通語で喋ったのですが、親しい元タレントさんの頼みなので、聞かれるままに『アナウンサーを目指した切っ掛け』『アナウンサー試験の想い出』『局アナならではの管理職への移行との葛藤』『アナウンサーの専門性の揺らぎ』『放送マンとしてのプライド』等々を気軽に、たぶん関西弁で喋ったのだろうと思います
彼女の手紙には『学術書なので、業界の人が読むものではありませんのでご安心を』との事ですが、気恥ずかしいモノです
来年、本が完成したら送ってくれるそうで、届くのが楽しみですが、届けば届いたで又々恥ずかしくなりそうです
それにしても、タレントの頃はニックネームで気安く『マゲチャン』と呼んでいた女の子が、『大学教授』なのです
今度逢った時は、『教授』『先生』と呼ばなければねぇ

写真は、論文のイメージです??

"学術書の研究論文に掲載される事になりました"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: