青梅を貰ったら~凄いなぁ梅パワー

画像

今日の歩数……5047歩
今朝の血圧……137―85
今夜の血圧……132ー68
田舎の親戚から、青梅をたくさん戴きました
定番なら梅酒ですよねぇ
他にも、梅ジュースとか梅ジャムとかが作れそうです
早速、梅酒と梅ジュース作りにチャレンジです
梅酒は氷砂糖と青梅、そしてホワイトリカーを入れればOKです
梅ジュースの青梅は、一度24時間以上冷凍してから、氷砂糖と交互に瓶に入れるだけです
ところで、梅酒を作る時期というのは、梅の収穫時期に合わせます
ですから、残念ながら年がら年中作れるものではないんですね
梅が出回る時期に仕込むのが正解です
大体これが5月から6月頃になります
梅酒にする梅を色で判断する場合
青梅(緑)→カビが生えたり濁ったりする心配がないので、失敗が少なく初心者向きなのだそうです
完熟梅(黄)→美味しい梅酒が作れますが、仕上げるのが難しく失敗する可能性があるので、経験者でなければ難しいそうです
そして、なんと梅酒には賞味期限が無いんです
梅にカビなどが生えていなければ、特にいつまでという区切りは無いのです
アルコール度数が低いお酒で漬けてしまうと、腐ってしまう可能性もあるので注意が必要です
そうならない為にも、35度以上のアルコールで漬けて、梅の実を取り除き、冷暗所で丁寧な保管をしておけば10年20年の保管も可能になるのだそうです
梅酒に含まれるクエン酸は、疲労回復に効果があると言われています
またクエン酸は中性脂肪を下げ、血液をサラサラにしてくれるので成人病予防につながります
さらにクエン酸は、余分な脂肪を燃焼させる働きもあるのだそうです
という事は、ダイエットの効果も在りそうです
ただ高カロリーなので飲み過ぎてはイケマセンねぇ
ピクリン酸という成分は、胃腸の働きを活発にし、便通を良くしてくれます
また抗菌力があるそうで、口から入った菌による下痢などを防いでもくれるようです
梅酒の爽やかな香りには、アロマテラピー効果があると言われます
梅酒の香り成分ベンズアルデヒドにより、大脳からアルファ波が出て、心も体もリラックス出来るそうです
こんな素晴らしい効能が沢山ある梅酒です
これからは、寝酒には梅酒ですねぇ
アカン
飲めるまで、1年ほど待たなければ

写真は、梅酒と梅ジュース

画像

"青梅を貰ったら~凄いなぁ梅パワー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント