潰れる前に行っておこう

画像

今日の歩数……6282歩
今朝の血圧……137―78
今夜の血圧……125ー67
今日は本来なら、LSC関西の人気講座『旅に役立つパソコン・スマホ勉強会』でした
母親の昼ご飯の介助をしていてからでは、準備作業の12時半には間に合わないけれど、遅れてでも行く積もりでした
鍵明けは恐れ多くもA先生がやってくれ、受付はSさんにお願いしました
ところが今日の母親は、お昼時は車椅子の上で爆睡していて、その後も時間差攻撃で来るので『短時間でも、病院を抜け出して』との目論見は脆くも崩れて、一日中病院に張り付きだったのです
さて、隣の駅近くにオープンした『日本酒バー』ヘ行ってみました
流石『バー』だけあって、開店は午後8時です
元々は『ピザ専門店』で、なかなかクオリティーの高いピザを提供していました
ただコストパフォーマンス的には、ローカルな地域性で苦戦するだろうなぁ~と思っていました
これが大阪市内なら、たぶん繁盛間違い無しだったと思います
それが、いつの間にか『イタ飯店』に変わっていて、その内に行こうと思いながら夜営業のみだったので行くチャンスが無いまま、今度は『日本酒バー』に衣替えしていたのでした
さて、初めて入った日本酒バーの店内は、以前のピザ専門店の時の作りと基本的には変わっていません
所謂『居抜き店舗』で、初期費用を抑えているのでしょうね
L字型のカウンターの一角は、4~5人のお客で賑わっていました
雰囲気からして、オープン間もない店主の知り合いが景気付けにお祝いに来ている様でした
一番手前は、オッチャンが一人で飲んでいる様です
一人で入って来た僕に店主が『日本酒お好きですか』と問い掛けて来たので、『静岡の磯自慢と奈良の梅の宿、愛媛の梅錦が好きです』と答えると、一人で来ているオッチャンが話しに割って入って来ました
どうやら、日本酒マニアの様です
僕は日本酒マニアでも何でも無いのですが、こんな時はチョット対抗心を燃やしてしまいます
店主が、『レギュラーで置いている以外に、今週のお酒を1週間毎に入れ替えています』というので、お知り合いの酒蔵のPRも有り、『堺の千利休をリクエストしておきますわぁ』と伝えました
すると、件のオッチャンはスマホで調べたらしく『ホンマやぁ~初めて聞いたけど、平成27年に蔵開きやてぇ』と、細かい情報を披露した僕をスッカリ『日本酒の達人』と思ってくれたみたいです
僕のオーダーは、青森県の『北勇』純米酒で、日本酒度は5度でした
お摘みに『ポテトサラダ』をオーダーしたら、『燻りがっこ』が添えられていて、日本酒に合うこと
最後に、秋田県の日本酒度15度という、その名も『白瀧ど辛』を頂いて、オッチャンに化けの皮が剥がれない内に帰って来ました

写真は、『北勇』と『白瀧ど辛』

 

画像

"潰れる前に行っておこう"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: