一般人とは笑いのツボが違う人

DSC_3425.JPGDSC_3426.JPG









今日の歩数・・6866歩

今朝の血圧・・143−84

今夜の血圧・・120−77

今日は久し振りに、天満天神繁昌亭の昼席を鑑賞です
中国由来の武漢ウィルスの感染対策で、客席は1席飛ばしの市松模様の様になっていて、本来のキャパの半分が入場定員になっています

今日の番組は・・・・
文路郎・・桃太郎
智之介・・看板の一
かい枝・・オトナの試験
玉之助・・太神楽
染ニ・・・地獄八景亡者の戯れ
〜仲入り〜
春野恵子・浪曲・天狗の女房
三象・・・アメリカ人が家にやって来た
九雀・・・桜の宮

斜め前に座っている女性の笑いのツボが、他のお客さんと違うので『もしや』と思ったら、案の定お知り合いの演芸情報誌の発行者のHさんでした
久し振りに、短い時間でしたが立ち話で情報交換です
仕事柄、コロナ禍でも足繁く寄席通いを続けているHさんですが『最近は、落語は聴いても噺家さんと会話する機会が減ってしまったと』、お嘆きでした

写真は、繁昌亭の看板と、染ニさんが『地獄八景での閻魔の顔は写真OKです』というのでシヤッターを切ったのですが、タイミングを逸したみたいです(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

シロリン
2021年03月27日 08:25
コアラ先輩

イイですね、寄席。
落語は好きです。

学生時代、1年生の頃に一度だけ、先輩に浅草の寄席に連れて行って貰った事があります。それ以来行けていませんが。。。

職業柄か、動物の出てくる話が好きで、上方落語では短い話なのですが、人間国宝 桂米朝師匠の「豆狸」が好きです。
最後に体に貝殻を付けた豆狸を見て、「貝のまま毛の生えた体に付けてアカン」と言ところで、「時々こういう飼い主っているよな。」と感じた事があります。
「タヌキの仲間から仰山香典が届いた」と言う落ちは、仲間の死に対する癒しの言葉の様でとても好きな落ちです。
米朝一門の方がする「鴻池の犬」も好きですね。

今は YouTube で見られるので便利な時代になったものです。
コアラ
2021年03月27日 09:27
シロリンさん

豆狸は、米朝師匠のために作家の三田純一さんが書き下ろした新作落語ですねぇ。
僕も好きなネタです。
四代目の春団治さんが、よく演っています。
獣医さんらしい感想が、面白いです(笑)

コロナが終息したら、ぜひ繁昌亭にお越し下さい。
ご案内しますよ。