東北ツアーの最終日、最後の心残りもクリア

DSC_2949.JPGDSC_2951.JPGDSC_2953.JPGDSC_2955.JPGDSC_2956.JPGDSC_2958.JPG今日の歩数・・10894歩

今朝の血圧・・153―93

今夜の血圧・・134―83

今日の朝食も、大変美味しく頂きました

青森は鮪が有名ですが、帆立貝の産地でも有ります

刺身でも煮ても焼いても蒸しても、どれも美味しくホタテを堪能した朝ご飯と晩ご飯でした

勿論、リンゴジュースも爽やかな酸味と上品な甘さが後を引きます

さて今朝の出発は7時半と、少し早目です

というのもJRに乗る都合が在るので、遅れては大変ですから早目の出発なのです

ホンの20分ほどでJR大湊駅に到着しました

緯度では一つ手前の下北駅よりわずかに南に位置するため本州最北端の駅を名乗ることができず、『てっぺんの終着駅』という看板が駅玄関に取り付けられていました

8時8分発の電車で大湊駅を出発して本州最北端の『下北駅』を通り『睦奥横浜駅』に到着したのは8時34分でした

再びバスに乗り換え、後はひたすら仙台を目指します

下北縦貫自動車道を通り『野辺地インター』を降りると、下北半島ともお別れです

国道4号線を経由して、車窓の八甲田山の山並みを見ながら上北自動車道から第2みちのく道路と百石道路、さらに八戸自動車道を青森から岩手県に入り東北自動車道へと乗り継ぎ、八幡平や岩手山の朱や黄色に色付いた山並みを見ながら快適なバスの旅です

いったん平泉前沢インターで降りて、ツアー最後の食事ですが、途中で中尊寺の横を通りました

個人旅行なら迷わず立ち寄る場所ですが、予定に無い場所に行けないのが団体ツアーの融通の効かない難点ですねぇ

インターを降りて田圃の中の田舎道を走る事20分でやっと、しづか亭という店に到着です

メニューは『前沢牛しゃぶしゃぶ』ですが、お肉も美味しかったけど、最後に出て来た蕎麦の美味さに感激です

再び、一関インターから東北自動車道に乗り、仙台空港に着いたのは4時20分でした

ここで4日間、お世話になった添乗員さんガイドさん、そして約1300キロに渡ってハンドルを握ってくれた運転手さんとお別れです

今回のツアーは、秋田県と青森県の秘境周遊の旅でしたが、何故か仙台空港 発着なのが唯一の不満でした

旅行会社のツアー料金設定などの『大人の事情』によるものだとは、容易に想像できます

せっかく宮城県仙台を行き来しているのに、名物の『牛たん』を食べずに帰るのは心残りです

仙台空港には予定よりも早く着いたので、空港のレストランで『牛たん』を食べながらビールで、4日間の旅を振り返って心置きなく今回の旅を終える事ができました

初めての東北は、変化に富んだエキサイティングで楽しい旅でした


写真は、JR『てっぺんの駅』の大湊駅

本州最北端の『下北駅』

下車した『陸奥横浜駅』

トイレ休憩の『岩手山SA』から見た岩手山

ランチの『前沢牛しゃぶしゃぶ』

空港レストランでの『牛たん』とビール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント