失礼な!!ティッシュと亭主を比べるな!!

Screenshot_20200821-064056.png










今日の歩数・・・8854歩

今日も外出を避けてネットサーフィンをしていると『ティッシュと亭主の見分け方』というのが在りました

それによると、ティッシュは『水に弱い』けど、亭主は『お水に弱い』

ティッシュは『鼻でかむ』けど、亭主は『話すときに かむ』

ティッシュは『よく使われる』けど、亭主は『こき使われる』

ティッシュは『簡単に飛ばされる』けど、亭主は『しぶしぶ飛ばされる』

ティッシュは『紙が薄い』けど、亭主は『髪が薄い』

ティッシュは『簡単に丸くなる』けど、亭主は『歳とともに丸くなる』

ティッシュは『尻を拭く』けど、亭主は『尻に敷く』

思わず、『なるほど』と思い掛けましたが、納得したらアカンアカン

僕は『お水』には弱くなかったですよぉ
そもそも『お水』が居る様な店は苦手で、飲みに行くのは『お水』が居ない店ばかりを選んでいました
たまに『お水』の居る店に連れて行かれても、こちらが話を振ってオモシロイ話を提供しなければならないのがアホらしいのです

『話す時にかむ』のは、リタイアしてから顕著になりました
滑舌が悪くなった事を、ヒシヒシと感じています

『こき使われる』のは、大学を卒業して初めての就職先のテレビ局で、朝から晩まで時間外手当も無しに毎月120時間以上の残業は当たり前に『こき使われ』ました
その後の古巣でも後年は、365日ほとんど休む事は無かったです
安部総理の『連続147日不休』なんて、まだまだ序の口です

『しぶしぶ飛ばされる』は、管理職という名前の、時間外も代休も無いブラック職務に本人の希望とは関係なく追いやられました
他人から見れば『出世』かも知れませんが、本人的には『罰ゲーム』の様な管理職でした
たぶん平社員のままなら、早期選択定年の道は選ばずに60歳の定年まで勤めあげ、更に再雇用で65歳ぐらいまで気楽に働いていたかも分かりません

『髪が薄い』は、残念ながら素直に認めざるを得ません
若い頃は、余りの髪の量の多さに毎朝の整髪に時間が掛かり、思わず『神様、もう少し髪の量を減らしてよぉ』と願った思い出があります
今頃になって願いを聞いてくれて、それも減らし過ぎやちゅうねん

『歳とともに丸くなる』は、若い頃から短気ではありましたが、顔には決して出しませんでした
最近は、『まぁええかぁ』と思う事が多いので、確かに丸くなったかも分かりません

『尻に敷く』は、今に始まった事では無く、若い頃から『相手に花を持たす』性格なので、端から見れば尻に敷かれている様に見えるのでしょうから、敢えて反論はしません

それにしても、亭主とティッシュを比べて どうするねん

写真は、ネットサーフィンで見付けた『ティッシュと亭主の見分け方』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント