懐かしいジャンボ西瓜

DSC_2778.JPG今日の歩数・・・7878歩

夏に食べる果物の代表格は、やっぱり西瓜でしょう

淡路島に住んでいた頃、井戸で西瓜を冷やしていました

まだ世間に出始めの電気冷蔵庫では、大きな西瓜を丸ごと入れるほどの余裕は無かったのです

西瓜を布に包み、ロープで吊るして井戸水に浸けて冷やしていました

近くの海で泳いで帰って来ると、冷たい井戸水で身体の海水を洗い流した後は、渇いた喉を潤してくれるのが井戸で冷やした西瓜でした

海で泳いで~と言っても、当時も現在もカナヅチですから浮き輪遊びでしたがぁ

写真は、母親の田舎から送ってくれた『入善ジャンボ西瓜』です

母親の田舎は富山県の入善町で、入善町の名物が『ジャンボ西瓜』なのです

写真は、たぶん僕が小学4年生頃だと思いますので、57年ぐらい前のものです

確か、夏休みの作文に『ジャンボ西瓜』の事を書いた覚えが有ります

初めて見るジャンボ西瓜にビックリして、『もしかしたら僕の体重よりも重いかも』と重さを計ったら、僕の方が重くて『西瓜に負けなくて良かった~とホッとした』という様な内容だったと思います

入善ジャンボ西瓜の平均サイズは、長さ約40センチ~直径は約30センチ、重さは20キロ前後になる巨大スイカで、真ん丸では無く米俵の様な形をしています

久し振りに食べてみたいと思っても、近所のスーパーでは売っていません

ネットで通販のサイトを見てみると、なんと1個10000円前後の値段が付いていました

西瓜に10000円は、よう出さんなぁ


写真は、57年前の入善ジャンボ西瓜と小学4年生の僕

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント