旅行先で足止めを食らったら

facebook_1591254187924_6674203805430168755.jpg今日の歩数・・・7575歩
お知り合いが、旅行先のフィリピンのダバオから帰国出来ずに足止めされています
当初の3月末の帰国予定便がフライトキャンセルになり、それ以来8回のフライトキャンセルが続いています
ご本人のFacebookから抜粋すると・・・・

6月1日の飛行機が2日前にキャンセル連絡があり、他の航空会社を探したら、エアアジアの便があり急遽予約したのが5月30日の夜半のことである
ところが、翌5月31日の昼過ぎにキャンセルの連絡
これは、まるで詐欺そのもの
それでいて、きっちりクレジットカードから料金は引き落とされるのである
キャンセルの後には、返金ではなく次のフライト予約まで預かると言うものである
そんな半日も立たないうちにキャンセルをするのであれば、最初から『コロナ禍による政府の方針などにより、急遽キャンセルになる可能性のあるフライトですので、そのことを納得のうえご予約下さい』とでも書けばいいのに、そんなこと微塵も書いていない
全く誠意も糞もない
予約の翌日に即キャンセルと言うのは、言語道断で詐欺と言われても仕方ないのではないか

~と、憤懣やる方無い思いが伝わって来ます
本当に、お気の毒としか言いようが有りません
一時はダバオも、外出禁止のロックダウン状態だった様で、心配していました
メールで『無事、帰国の際には大阪で、乾杯しましょう』とエールを送ったら、『こちらでは、アルコールすら買えない~早く大阪でビール飲みたい』と返信があり、ビックリしました
ご本人は器用な方で、パソコン等のITにもメッポウ詳しく、ダバオで日本のテレビ番組をリアルタイムで視聴し、映画も視放題で興が乗れば自室のテレビ画面でカラオケを楽しみ、料理は他人に教えるほどの腕前です
ダバオには、親しい日本人が在住しているとは言うものの、不自由な生活が続いている事だと思います
座右の銘は『ケセラセラ』~なるようになる~と言う様に、ポジティブ思考の方です
もし僕が異国の地で2ヶ月も3ヶ月も足止め状態になれば、精神的に参ってしまいます
予定では、次のフライトは6月21日だそうです
次はキャンセルにならずに、帰国できる事を祈るだけです
今日 6月4日は、その知人の誕生日でした
心ならずも、誕生日をダバオで迎える事になった知人に、改めて励ましのメッセージと供に、バースデーのお祝いメールを送信しました

写真は、ロックダウン中の人影の無いダバオの市内

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント