老舗バーが復活

DSC_2735.JPG今日の歩数・・・ 11393歩

大阪ミナミの老舗バー『路』のマスターが、暫く 入院~手術~リハビリ~自宅療養で、お店を休んでいました

今日から復帰すると言うので、久し振りに復帰のお祝いに行って来ました

最初に『路』に行ったのは、30数年前に先代の笑福亭松喬さんに連れられてでした

まだ、松喬を襲名する前の『笑福亭鶴三』の時代だったと思います

とても敷居の高い店で、着物姿の『お母ちゃん』と呼ばれる年配の女主人と息子さんがカウンターの中で接客していました

藤本義一さんや小松左京さん、石浜恒夫さんといった文士や桂 米朝師匠や桂 春團治師匠、東京の古今亭 志ん朝師匠ら東西の咄家の師匠方、中座に出演中の俳優さんや歌舞伎役者が常連客でした

中堅どころの咄家さんには、その『お母ちゃん』から、容赦ない『ダメ出し』も飛んで来るのが常でした

若手咄家の中には、『いつか自分の金で「路」で飲める様になりたい』との目標を持たれる程の店でした

その『お母ちゃん』が亡くなり、息子さんがマスターとなった頃から、やっと僕も『自分の金』で通える様になりました

今ではマスターも亡くなり、マスターの甥っ子の『マー君』がマスターになって、もう何年になるでしょう

因みに、この『路』の誕生は、昭和32年3月23日と、僕の4年後輩の同じ月の同じ日がオープン日という縁も感じるのです

今日は3密を避けてクロスバイクでミナミまで行き、開店早々の夕方5時過ぎに入ったのに、ソーシャルディスタンスを取りながらでは在りますが、ほぼ満席です

しかも、隣の席とのアクリルパーティションも完備です

少し細っそりした『マー君』がカウンターの中から迎えてくれました

マー君の復活の日で、何時もより常連客の出足は早い様でした

路のハイボールは、ランチなら そこそこ豪華なメニューが頼めそうな値段設定ですが、その値打ちは在りやっぱり美味しいのです

そのハイボールを、まるでビールを飲む様なスピードで飲み干して、常連さんに席を空ける為に早々に退散して帰って来ました


写真は、久し振りの『路』

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント