あれから1年経ちました

DSC_2735.JPG





今日の歩数・・・7562歩

今日は、母親の一周忌です

残念ながら一周忌法要は、武漢ウイルスの影響で見送る事にしたので寂しい一周忌になりました
もし、今も存命なら嬉しい反面、特養や病院への面会も思うようには出来なかった筈で、多分ジレンマに悩んでいた事と思います
結果的には、心おきなく見送る事が出来たのかなぁ~と自分を納得させているのです

3年前の3月16日に、圧迫骨折で救急搬送されて救急病院で2ヶ月、転院した療養型の病院で2ヶ月、そして8月1日に特別養護老人ホームに入所したものの、2度の骨折で病院を行ったり来たりしました
何も予定が無い限り、と言うより優先的に病院や特養に通い続けた3年3ヶ月でした

もし武漢ウイルスで、病院や特養への面会が叶わなかったら、かなりのストレスが在ったと思います
そして母親の認知症の進行も、さらに進んだ事だと思います
梅雨の晴れ間を縫って、母親の眠る墓地霊苑へ墓参りに行って来ました

ちょうど1年前は、大阪で行われた『G20』で交通規制が行われ、まるで戒厳令下の様でした
102歳まで長生きすると、母親の兄や姉、そして年下の妹や弟も鬼籍に入り、親しくしていた甥や姪すら先に黄泉の国に旅立っています
唯一、田舎の富山から、実の母親の様に慕っていた姪が『参列したい』と連絡がありました
しかし高齢の上に足が悪く、来阪の場合は車で大阪駅まで迎えに行く必要が在ったのですが『G20』の交通規制も在り、参列を諦めてもらうしか有りませんでした
結果的には、本当に家族だけでユックリと見送る事が出来ました
何しろ102歳の母親にとっては、現世よりも極楽浄土の方が友人・知人、それに親兄弟姉妹が勢揃いしているのです
たぶん今頃は、大勢の皆さんに囲まれている筈です
33年前に先立った父親も、自分の横の席をキープして待ちわびていた事でしょう
横浜の兄や名古屋の姉の分も、お墓に手を合わせて来ました

写真は、山の中腹の墓地霊苑から梅雨の晴れ間の大阪平野を望む

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント