明日の犠牲者は、自分かも分からない怖さ

志村けん.webp今日の歩数・・・16827歩

武漢ウイルス(新型コロナウイルス)に感染した志村けんさんが、昨夜お亡くなりになりました

ドリフターズに見習いとして加入して、荒井注さんと入れ換わる形で正式加入する過程をテレビを通じて視ていた身としては、新米からお笑い界のレジェンドにまで上り詰めるまでの志村けんさんを勝手に身近に感じていました

これまでの武漢ウイルスの犠牲者は、『80代 無職男性』とか『70代 女性』などの匿名報道で、あまり実感が無かったのですが、志村けんさんの逝去は感染が誰の身の上にも襲い掛かって来ると実感します

志村けんさんの感染経路が、不明のままなのが余計に恐さを煽ります

武漢ウイルスに感染しない為には、換気の悪い密閉空間、人が密集する場所、密接した近距離での会話の『3つの密』を徹底的に避けることだと言われています

感染しても80%は回復すると言われていますが、言い換えれば20%の人は重症化すると言うことです

若い人は比較的 軽症で、高齢者が重篤になる可能性が高いとも言われています

しかし、ここへ来てフランスでは16歳の疾患の無い女性が亡くなっていますし、今日は福岡で乳児の感染が分かり『若いから感染しても大丈夫』とは言えないのが実状です

高齢者に比べれば、若い人の体力や免疫力が強い~というだけの事なのでしょう

若い人に比べれば、感染すると重篤になる率が高いとされる高齢者ですが、60代70代は自分のことを『高齢者』だとは思っていないと言うアンケート結果があります

60代70代に『高齢者とは?』と聞けば、『自分よりも年齢が、一世代上の人』と答えるというのです

今後の報道は『高齢者』という表現を止め、これからは『65歳以上の人』という、具体的な年齢をアナウンスする方が良いと思います

多分ですが、志村けんさんの治療に当たっては現在の日本の最高の医療が行われたと思います

それでも発症から2週間、陽性反応から6日で亡くなってしまいました

それだけに、このウイルスの恐さを改めて感じるのです

このニュースで高齢者も若者も、いま置かれている状況を再認識するではないかと思います

明日の犠牲者は自分かも分からないし、発症しないまでも知らない間にウイルスを運んでいるかも分からないのです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント