天婦羅蕎麦とビールで後輩を偲ぶ

DSC_2459.JPG今日の歩数・・・12387歩

天気予報では『夜から雨』の筈が、朝の8時過ぎに家を出ようとしたら、既に薄曇りの今にも降りだしそうな空の色です

仕方なく折り畳み傘をカバンに忍ばせて、後輩との最後のお別れに京都へ行って来ました

京阪特急を七条で降り、東山に向かうと『三十三間堂』と『国立博物館』の大きく立派な建物が見えて来ます

出来るなら、三十三間堂や博物館には、今日の様な『悲しみ事』では無く、観光目的で来たかったと思うのです

後輩は午前10時からの告別式で、友人や親戚に見送られて、虹の橋の向こうに旅立って行きました

4人兄妹の末っ子で在りながら、父親と姉や兄達を見送った後も、自分が居なくなって残される母親の施設の手配まで完璧にやり終え、逝ってしまいました

最期を看取ったパートナーから、関係者の皆さんに送られたメールの一文が涙を誘います


『余命宣告を受けた後も、体調の良い時は四条の高島屋などにいっしょに買い物にも行けましたし、三条の大好きなお蕎麦屋さんにも食べに行けました。その店で、あの頃は、海老の天婦羅を2本も食べられました。
もう少しだけああした時間が欲しかったと思うにつけ、人がいない時には涙にくれています・・・・・』


告別式の帰りに、後輩が好きだったという三条のお蕎麦屋さん『本家 田毎』で、ビールで献杯して、後輩が食べたであろう天婦羅蕎麦で後輩を偲びました


写真は、天婦羅蕎麦と献杯のビール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント