アスリートの姿に感動

DSC_2391.JPGDSC_2392.JPG









今日の歩数・・・15271歩

今日は、第39回大阪国際女子マラソンでした

散歩がてら、中之島公園まで応援に行って来ました

大阪国際女子マラソンは、第1回大会から関わって来た想い出の詰まったマラソン大会です

1回目は大手町の歩道橋からのレポートでしたが、小雪の舞う肌寒い日だったのを覚えています

耳はチギレるほど冷たく、マイクを持つ手は寒さで震えていました

早く『定点リポート』では無く、暖房の利いた長居陸上競技場の『中継本部』の担当になりたいと思ったものです

リタイアする前の数年間は、望み通りの長居陸上競技場の本部担当では有りましたが、マイクの前では無く全体を見守るだけと言う、最も僕に似合わない退屈な仕事でした

さて、今日は中之島公園の19キロ地点近くでランナー達を待ち受けました

この辺りは、御堂筋の混雑がウソの様に、ユックリ観戦できます

僕の前を駆け抜けて行ったトップ集団は11人でしたが、優勝した松田瑞生が既に先頭で集団を引っ張っていました

トップ集団のシンガリに福士加代子が居て、既にこの時点で結果が出ていました

ひたすらゴールに向かうランナーの姿には、何時も感動させられます

そして優勝した松田は、東京オリンピック代表選考基準のタイムを上回る、2時間21分47秒で感動のゴールを切りました

第37回の大阪国際女子マラソンで、初マラソンで初優勝を果たした『なにわの腹筋女王』は健在です

一方、大相撲初場所は、33歳で帰り入幕の徳勝龍が、涙の初優勝を飾りました

西前頭十七枚目の幕尻優勝は20年ぶり、奈良県出身の幕内優勝は98年ぶりという快挙です

何とも初々しいインタビューで、徳勝龍関の人間味が溢れていました

今日は、女子マラソンと大相撲のアスリートの姿に感動した1日でした


写真は、中之島公園を走るトップ集団(この時点で優勝の松田はトップ、福士は集団の最後尾)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント