恩師訪ねて、数百キロ

DSC_2355.JPG今日の歩数・・・7715歩

今日から淡路島と徳島への、2泊3日のドライブ旅行です

父親の転勤で、4歳から小学校5年生の終わりまで過ごしたのが淡路島でした

そして小学校6年生から高校卒業までが徳島県阿南市で、共に7年間を過ごした思い出の地です

朝一番に、アリスをペットホテルに預け、先ずは淡路島を目指しました

明石海峡大橋を渡り、淡路ハイウェイオアシスでランチです

淡路島と言えば、玉葱ですから、玉葱と淡路のシラス御飯がセットになった『淡路玉ネギ御膳』と『玉葱スープ』をオーダーしました

お腹を満たして、洲本市内へ移動して大型ショッピングモール内の喫茶店に入りました

実は今回の第1目的は、小学校の恩師と久し振りにお目に掛かる事なのです

小学1年生の担任だった東山先生とは、阪神淡路大震災の在った年に開かれた同窓会で お目に掛かって以来ですから、25年ぶりになります

現在84歳だそうですから、僕が小学1年生の時は25歳の若い先生だったのです

まだまだお元気で、車を運転されているのにはビックリしました

懐かしい話で盛り上がり、東山先生とお別れして、次は小学2年の時の担任だった岩井先生のご自宅を訪ねました

現役時代に担当していた千里セルシーホールで行われていた漫才の公開録音番組に、わざわざ淡路島から応募して逢いに来てくれたのが、多分30年ほど前だったでしょうか

先生は定年前の55歳でリタイアして、海外旅行に填まり、最近までは甲子園球場の年間指定席を買って日帰りで観戦していたと言うから驚きです

最後は、小学3年の時の担任だった中村先生です

今回の淡路行きの件で電話すると、『その日はリハビリに行っているので、そこへ来て』と言われたのです

最初はリハビリと聞いて、『お身体は大丈夫なのか』と心配になったのですが、電話の向こうの先生は『今から泊まり掛けで麻雀やねん』とお元気な様子に安堵したのでした

中村先生とは、小学3年以来ですから、何と59年ぶりという事になります

でも、よくよく考えると徳島の高校時代に、自転車で淡路島を一周した事が有りました

その時にも、今日の先生方を突然 訪ねて行ってビックリされた事が有りました

その時の目的は、小学5年生で転校した僕には『卒業アルバム』が在りませんでした

なので、恩師や同級生を訪ね歩いて、個人的な『卒業アルバム』を作ろうとしたのでした

そうだとしても、中村先生とは50年ぶりの再会となりました

中村先生は、『小学生の頃、あんなに大人しかった子が、徳島から自転車で訪ねて来たのでビックリして、印象に残っているのよ』と仰るのでした

4年の担任の松本先生とは残念ながら交流が無く、5年生の時の山本先生は既にお亡くなりになっています

今回の旅の第1目的の小学校の先生方との再会を無事に済ませましたが、背中を押してくれたのはパートナーでした

先生方と年賀状をやり取りしているのを見て、『お元気な間に逢わなければ』と、今回のドライブ旅行を後押ししてくれたのでした

さて今夜の宿は、南淡路市の『淡路島うず潮温泉うめ丸』を予約しました

いつもは泊まる場所に こだわりは無く『寝られたらオーケー』と、安いビジネスホテルですが、今夜は久し振りに豪華です

鳴門海峡の絶景を見下ろす高台に在る、老舗の有名な温泉旅館です

先ずは、ナトリウム炭酸水素温泉のヌルヌルのお湯で、ドライブの疲れを癒しました

この宿にしたのは、今回のドライブ旅行の楽しみの1つのグルメ旅で、淡路島の『3年とらふぐ』が目的なのです

一般的に流通しているとらふぐは2年物で、800g以下のものがほとんどです

3年とらふぐは、2年物の1.5~2倍を超える1.2~1.8kgもの大きさになり、淡路島のブランド河豚となっています

それならば、他も養殖期間を3年にすれば良さそうなモノですが、養殖期間を長くすると費用も掛かる上に出荷量が減るリスクも在るのだそうです

今夜は、付き出し~てっ皮~てっさ~唐揚~ふぐ鍋~ぞうすい~フルーツ~ひれ酒~のフルコースを戴き、大満足の3年とらふぐでした


写真は、淡路ハイウェイオアシスから眺めた明石海峡大橋

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

おくだ さちこ
2020年01月15日 10:45
素晴らしい旅ですね!訪ねていくことのできる故郷が沢山あって羨ましいです!