世の中アマチュアばかりです

DSC_2322.JPG今日の歩数・・・14731歩
近くのJRの高さ制限の在る高架で、コンクリート製の大きな枠の様な荷物を落下させる事故に出くわしました
既にパトカーが数台到着して、交通規制をしていました
見た感じでは怪我人はいない様ですが、何故こんな事故を起こすのか不思議でなりません
こんな重くて大きな荷物を積載するドライバーは、プロ中のプロの筈です
高さ制限がある道路は全国に数え切れないほどありますが、そこに衝突する事故は絶えません
その原因としては、2つあります
1つは自分が運転している車の車高を意識していないこと、もう1つは高さ制限がある場所にある標識を意識していないことです
ドライバーが、このうちの1つでも意識していれば、橋げたに衝突する事故なんて起こらない筈です
高さの在る荷物を積んだときには、出発前に荷物の高さがどれくらいなのかを確認しておくことは、プロドライバーとしては初歩の初歩~当たり前の事だろうと思います
また、走行ルート上に高さ制限がある箇所があるかを事前に確認して、通行できない箇所が在る場合には迂回する様に事前に走行ルートを計画するのがプロの仕事だと思うのです
写真の事故現場には『けた下 制限高 3.7M』の表示が在るのですから、自分の積載物の高さを意識さえしていれば、防げた事故です
僕が事故現場を通り掛かったのは、4時40分頃でした
その後のネットでは、夜になっても大渋滞している現場の様子が写し出されていました
1人のドライバーの うっかりミスが、多大な迷惑を掛けるのですから、敢えて『それでもプロか』と言いたくなってしまいます
考えてみれば、昔と違って最近の世の中には『これぞ、プロフェッショナル』という人が少なくなった様な気がします
小器用に何でもこなす人が重宝されて、世の中の風潮も『それを良し』としています
でも、大事なのは『プロの誇り』に裏打ちされた、確かな仕事だと思うのですよねぇ

写真は、けた下 制限制高 3.7Mの表示の在る事故現場

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント