これを使い分ける日本人って、凄くないですかぁ

AS20191212001910_comm.jpg今日の歩数・・・8537歩

日本語を勉強する外国人は、漢字が難しいと言います

確かに、日本人でも読めない難しい漢字が沢山あります

難しい漢字は、クイズの様に覚えるしか有りません

厄介なのは、簡単な漢字なのに、難しい~ややこしいと言う漢字が在ることです

例えば『生』という漢字です

『生』の一文字なら、特に難しそうではありませんが、前後に付く文字で読み方が多種多様に変わるのです

例えば『芝生』なら『ふ』ですし、『弥生』なら『よい』と読みますよね


【地名です】

東京都福生市

奈良県生駒市

群馬県桐生市

兵庫県相生市

すべて、読み方が違います


【人名です】

麻生太郎

国生さゆり

岡田将生

塩野七生

これも、すべて読み方が違います


同じ人名でも2通りの読み方もあります

羽生(はぶ)・・・・・・将棋の棋士

羽生(はにゅう)・・スケーター


【送り仮名で変わる読み方もあります】

生まれる

生きる

生える


【その他、覚えるしか無い読み方もあります】

生兵法(なま)

生一本(き)


ややこしいのは、読み方が違うと意味が違って来るモノもあります


生蕎麦(なまそば)・・・蕎麦粉だけの、何も混ぜていない蕎麦


生蕎麦(きそば)・・・・・干したり茹でたりする前の蕎麦


生地(せいち)・・・生まれた所

生地(きじ)・・・・・布地


これを使い分ける事が出きる日本人って、凄いと思いませんか


因みに、今日12月12日は、『1212』を『いい字一字』と読ませて『漢字の日』です


写真は、今日発表された『その年の世相を表す漢字』に選ばれた『令』を書く、清水寺の森 貫主

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント