実家の整理をしていて知る事実

DSC_1932.JPG今日の歩数・・・7365歩

名古屋の姉が、先週の土曜日から実家の荷物整理に来てくれています

姉が家の整理中に見付けたのは、父親や母親が生前に書き残したメモや日記、それに家計簿でした

家計簿は母親かと思いきや、何と父親です

純粋な家計簿というよりも、家計の統計記録といったところでしょうか

リタイアして徳島県から当地に引っ越して来た昭和46年から、亡くなる前年の昭和58年までの記録が残されているのには、ビックリしました

しかも、項目別の年間の金額と月平均額まで出しています

項目の中には僕の名前まで有り、たぶん僕へ渡していた小遣いの額か学費なのでしょう

さらに驚いた事には、僕が 最初に就職したローカルテレビ局を辞め大阪のラジオ局に移り、スポーツアナウンサーとして再スタートし野球の実況アナウンサーとしてデビューした頃からは、カレンダーの裏にプロ野球セ・パ両リーグの支配下選手の名前が書かれているのです

父親は野球オンチで、プロ野球には全く興味が無かった筈なのに、僕が野球実況を担当するので、父親は自分なりにプロ野球を勉強し始めたのでしょう

12球団の選手の名前とは別に、球場のイラストが色鉛筆で描かれていて、それぞれの守備位置に『ピッチャー』『キャッチャー』『ファースト』等と書かれているのです

セカンドの位置が微妙なのと、センターがレフト寄りなのはご愛敬です

父親が亡くなって35年です

当時は母親に『普通のサラリーマンなら、今頃ノンビリ御飯を食べたりしている時間に、アナウンサーなんかになるから野球場で夜遅くまで仕事をせなアカンのやぁ』と、スポーツアナの道を選んだ息子を嘆いていたらしいのです

しかし その一方では、興味の無かった野球選手の名前や守備位置を、秘かに覚えようとしてくれていたのです

35年も経ってから、やっと父親の子供に対する愛情を感じ取ったのでした


写真は、たぶん40年ほど前に書いたと見られる球場の守備位置

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ビクーニャ
2019年10月12日 22:14
35年を経て、お父さまの子を思う気持ち
を知ることができてお幸せですね!
親の有り難さは、年齢を重ねると共にじわじわ感じてくるように思います。貧しくて苦労した我が家の両親に、もう少し親孝行してあげていたら.......と痛感している事もあり、本当に、いいお話ですね!
コアラ
2019年10月13日 07:45
ビクーニャさん

幾つになっても、父親を越えられない気がしています