リピーターに人気の日帰りバスツアー

DSC_1972.JPGDSC_1974.JPGDSC_1975.JPGDSC_1976.JPGDSC_1977.JPGDSC_1978.JPGDSC_1979.JPG今日の歩数・・・13932歩

今日は久し振りに、日帰りバスツアーに参加しました

現役時代は仕事でのバスツアーが何度もあり、お客さんに気を遣いながらのバス旅行はスタッフならではの気疲れがありました

遠くは長野県のリンゴ狩り、三重県のパルケ・エスパーニャと志摩水族園や御在所山温泉への泊まりがけツアー、日帰りツアーは毎月の開催で企画の段階から関わり、旅行会社が思いも付かない様なツアーを何度も開催し、旅行プランナーの楽しさとツアー同行者としての楽しさの両方を体験できたのは貴重でした

さて今回は、単なるお客さんとしての参加で、おんぶに抱っこで気軽な日帰りツアーです

梅田から出発の観光バスは47人が乗り込み、ほぼ満席です

予想通り70代の高齢者が大半です

集合の点呼の時から、既に遅れて来る参加者も居て、折り込み済みですが余りにも予想通りで笑ってしまいました

同じコースのバスが梅田から4台も出ているそうで、同じ昼食場所には各地から出発したバスが40台も利用するそうです

その為、我々のバスは時間が重ならない様に、当初の行程では無く反対回りのコースになりました

梅田を8時20分に出発して、1時間ほどで最初の目的地『須磨離宮公園植物園』に到着しました

ここは、180種類の薔薇が植えられているそうですが、薔薇園以外にも見処が多く、とても予定の1時間では回りきれない広さでした

須磨離宮公園植物園を後にして、10分ほど走れば神戸総合運動公園の中に在る このコース初登場という『コスモスの丘』に到着しました

10万本のコスモスが植えられているのですが、今日は3~4割ぐらいでした

次は、蜂のテーマパーク『神戸養蜂場』で、蜂蜜の試食とお土産を買い求めますが、『花より団子』を決め込んで、薔薇もコスモスもパスしてバスの中で待っていた人も『やっと出番』とばかりに降りて来ました

たぶん日帰りバスツアーの常連さんで、観光は要らんという事なのでしょう

蜂蜜の種類で、こんなにも味が違うのかとビックリですが、オーソドックスな味のイタリア産『フルーツ ハニー サックル』という蜂蜜を買ってみました

さらに、『神戸めんたいパーク』では、ここでしか食べられない冷凍していない『生の辛子明太子』を試食です

お腹が空いていたので、生明太子のお握りとビールを飲んでしまい、思いの外お腹がいっぱいになってしまいました

これでは御昼の『松茸尽くしと丹波牛すき焼き膳』が入らないでは有りませんか

40分ほどバスを走らせ、遅めの お昼ご飯になりました

メニューは、松茸丹波牛すき焼き~松茸土瓶蒸し~焼き松茸~丹波産新米コシヒカリの松茸ご飯(食べ放題)~松茸天ぷら~松茸そば~黒豆~松茸煮物と、思っていたより豪華でチャンとしていました

やっぱり、生明太子お握りを食べたので、松茸ご飯のお代わりまでは辿り着きませんでした

まさに松茸尽くしですが、パンフレットを良く見れば小さな字で『松茸は外国産です』の断り書きが記されています

それでも充分に、松茸尽くしで満足して お腹はパンパンです

僕の目の前に座った男性はリピーターで、『このコースは何度も来ている』との事です

最後は枝豆農園へ行き、大粒で肉厚の本場丹波の黒枝豆の収穫体験です

パンフレットには2株と有りましたが、農園のお兄さんは3株も持って来てくれました

やはり、このツアーはリピーターが多いらしく『去年より沢山あるわぁ』の声がアチコチから上がっていました

農園の方の話では、去年は台風の影響で実が落ちてしまったのだそうです

お土産として『松茸3本』『明太子ふりかけ』『焼き栗』『丹波産新米コシヒカリ1合』と、収穫体験で もぎ取った『黒枝豆』が 手渡され、大満足の日帰りバスツアーは終わりました

寝ている間に、5時半に梅田に到着です

1日遊んで、お腹いっぱい食べて試食もして、体験収穫もしてお土産も貰って1万円もしないのですから、リピーターの多いのも納得です


写真は、日帰りバスツアーの様子

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント