世の中に、酒と女は仇なり

DSC_1560.JPG今日の歩数・・・8504歩

今朝の血圧・・・131―82

今夜の血圧・・・117―65

今日は、暦の上では『大暑』です

確かに暑い1日でした

こう暑いと、冷たいビールが より一層おいしく感じられますが、調子に乗って飲み過ぎては いけません

でも ここ数年、ほとんど二日酔いになった経験はありません

前日に飲み過ぎて、身体がカッタルイ~ぐらいの事はタマに有りますが、昔の様に『地球が回る』『目が回る』『頭が痛い』『気持ち悪い』『食べ物を受け付けない』『何もできない』という程の宿酔い、つまりは酷い二日酔いになる事はありません

若い頃は、ついつい定量をオーバーして割り酔いして、翌日は全く使い物にならない~という事が年に何度か有りました

本当に『酒の無い世界へ行きたい』と思う程でした

江戸時代の狂歌に、『世の中に 酒と女は仇なり、どうぞ仇に巡り合いたい』というのが有りました

酷い二日酔いで反省して、『二度と二日酔いになる程の飲み方はしない』と心に誓いながら、数日経てば同じ事を繰り返しているのですよね

ところが50を過ぎた頃から、酷い二日酔いになる事は無くなったのです

50を過ぎて、やっと自分の酒量を心得たのかと言うと、然に非ず~です

二日酔いになる程の量を、若い頃の様に飲めなくなったのです

年齢を重ねて、上手なお酒の飲み方を学習したのでは無く、単に年齢と共に酒量が落ちただけの事なのです

僕の若い頃には、酒を飲む前に摂取すると割り酔いしない様なドリンクは、まだ売り出されていませんでした

そこで、酒席の前に牛乳を飲んだりしていましたが、最近の研究では牛乳は全く効果は無いのだそうです

僕は、もっぱら『ハイチオール』という錠剤を酒席の前に飲んでいました

たぶん、アルコールを分解する肝臓の働きを助ける~というハイチオールの効能以上に、自己暗示で酒量を無意識のウチにセーブしていたのだと思います

さて今日の写真は、北新地に在るビルの看板です

さすが場所柄、二日酔いで朝から来院するサラリーマンも多いのでしょうねぇ


写真は、北新地のビルの『二日酔い点滴』の看板

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

キムちゃん
2019年07月24日 07:19
全くもって同感です!
私も二日酔いは無くなりましたが、たまに記憶を失くすることはありますよ。アハハ❣
コアラ
2019年07月24日 12:10
キムちゃん

そうでしょう(笑)

もしかしたら、大学時代が一番酒量が多かったかも(ムチャな飲み方も含めて)