夢を追え、金は追うな 下品になる

DSC_1561.JPG今日の歩数・・・13808歩
今朝の血圧・・・130―89
今夜の血圧・・・123―65
今日は久し振りに、日本笑い学会の『オープン講座』に行って来ました
日本笑い学会は、40年近く前に、前身の『笑学の会』というグループの時から参加していました
25年前に、日本初の市民参加型の『学会』として『日本笑い学会』が発足した時から、学会の理事の末席を汚していました
主に『オープン講座』担当の理事として、講座の会場探しと講演者探しに奔走しました
平成5年からは、古巣が移転したビルの上の階に在った『市民学習センター』に会場を固定して、場所探しは楽になりました
ここ数年は母親の事もあり、ほとんど学会には貢献していませんでしたので、理事も退任しています
市民学習センターが閉館してからは、現在の日本笑い学会の会長の所属している関西大学の梅田キャンパスを会場にしています
今日のオープン講座の講演者は、『海原はるか』師匠です
漫才の『海原はるか・かなた』の、髪の毛を吹く方が『かなた』さんで、吹かれる方が『はるか』さんです
髪の毛のギャグで全国区になる前からのお知り合いで、仕事でも何度もご一緒しています
全国区の人気者になる前も、なった後も変わらず 気さくに接してくれるのが嬉しいです
残念ながら、相方の『かなた』さんが体調を崩し、去年の1月から療養中なのが寂しいです
今日の、第269回オープン講座は『僕の芸人人生』と題して、はるか師匠が芸能界を目指した高校時代のエピソードから、故郷の熊本から大阪に出て芸能プロダクションに入り、海原お浜小浜に弟子入りしてデビュー
そして、髪の毛のギャグでブレークする前の葛藤など、包み隠さずオープンに話してくれました
最初に入ったプロダクションから現在のプロダクションに移るまでの8年間は、フリーで活動していた~という話を聞いて、漫才の公開録音への出演依頼をする時に、直接ご自宅に電話していた事を思い出しました
来月に、『横山たかし追悼公演』が予定されているそうで、その時には『かなた』師匠も復帰の予定だとの事で、早速スケジュール帳にメモしたのでした
お母さんからも現在のプロダクションのマネージャーからも、同じ事を言われています
それは『夢を追え、金は追うな。お金を追い掛けると顔が下品になる。お金が付いて来るまでは時間が掛かる』と
頭髪とは真逆の、若々しい情熱を持ち続ける海原はるか師匠でした

写真は、講演中の海原はるか師匠

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント