大阪の春の風物詩

画像

今日の歩数・・・13456歩
今朝の血圧・・・140―88
今夜の血圧・・・110―69
天気予報によると明日は雨で、しかも寒の戻りで暫くは寒くなるのだそうです
お花見をするなら、今日が最後のチャンスかも分かりません
満開の桜の下で酒盛りをするなら、あらかじめ用意が必要です
今日は突然思い立っての花見ですから、何も用意していません
それならばと、今日から始まった造幣局の通り抜けに行って来ました
造幣局と言えば、お金を造っている所です
そう言えば、日本の紙幣のデザインが変わるのだそうです
1万円札は福沢諭吉から実業家の『渋沢栄一』に、5千円札が樋口一葉から津田塾大創始者の『津田梅子』に、千円札が野口英世から医学博士の『北里柴三郎』に変わると発表がありました
肖像画の変更は平成16年以来で、発行は令和6(2024)年度上期となるそうです
ただし紙幣は造幣局では無く、独立行政法人 国立印刷局の担当で、造幣局が造っているのはコインです
なお、500円硬貨も素材や縁のデザインなどを変更して、複数の素材を使用することで2色にし、21年度上期をめどに発行するそうです
こちらの500円硬貨は、造幣局で造られる事になります
さて、その造幣局の通り抜けは560mにわたり、134種338本の桜が咲いています
今年の花は『紅手毬(べにてまり)』です
造幣局の桜は、八重桜が主で開花は染井吉野より遅いのですが、今年は大川沿いのソメイヨシノは満開状態で造幣局の八重桜との共演になりました
また、雪洞に照らされた夜桜も美しいので、今日は夜桜の通り抜けに行って来ました
ちょうどローカルワイドニュースの時間で、各局の気象予報士さんが勢ぞろいしていました
写真は、今年の花『紅手鞠』~蓬莱さん

画像
画像

この記事へのコメント