制作担当者は執念で探すのです

画像

今日の歩数・・・5164歩
今朝の血圧・・・129―83
今夜の血圧・・・139―85
突然の電話でした
年に4回開催の『春鹿寄席』の主催者、奈良の銘酒『春鹿』の今西社長からでした
電話内容は、東京のテレビ制作会社からの問い合わせで、『アリスファンの男性のブログを見付け、その人が去年の6月2日に春鹿寄席に参加しているブログを見付けた。実は、アリスの特番を作っているが古い資料を探している。そ のブログの主の連絡先を教えて欲しい』という依頼だと言うのです
今西社長からは『個人情報の事もあり、先方に教えて良いか?』という確認の電話でした
今西社長の元には、去年の6月3日の『春鹿寄席』のブログのコピーまで送られて来たそうです

こちらとしては、協力できる程の資料の持ち合わせが在るかどうか自信は無いのですが、少しでもお役に立てれば~と、お返ししました
ものの10分もしない内に、東京から着信があり『古い資料を持っていないか?』との問い合わせです

僕も現役時代には、古い資料を探し求めて苦労した経験があるので、番組制作者の切羽詰まった気持ちは良く解ります
取り敢えず『自宅に戻って本棚を探してみます』と電話を切って、我が家の本棚を探し回りました
何と僕の本棚にも在りましたが、パートナーのコレクションの中に、先方の欲しがっていた『写真集』が見付かったのです
先方はテレビ番組なので、写真やビデオ等のビジュアルなモノが欲しいのです
他にも、深夜放送ファンという雑誌の『谷村新司特集』やコンサートツアーの記録等も出て来ました

翌日、制作会社の担当者から改めて掛かって来た電話に『お探しの写真集も、深夜放送ファンの別冊も在りました』と伝えると大喜びで『制作担当者に伝えます』と電話が切れ、何故だか そのまま何日も音沙汰無しだったのです
ようやく電話があったのは、2週間もしてからでした
実は、制作担当者が手分けして資料を探していて、僕以外の方から資料を手に入れ番組を作り、放送局に納入して『やっと放送日が正式に決まったので、お伝えできる様になりました』との事でした
残念ながら手元の資料は使って貰えなかったのですが、同じ資料を何処かの何方さんが提供して番組が生まれたのですから、良しとしましょう
たぶん、同じ資料を持っていたのが東京在住の方で、資料の受け渡しが僕よりも簡単だったのではないでしょうか

因みに、その番組はBS-TBSの『伝説のグループ・アリス再始動SP~チャンピオン、冬の稲妻 名曲誕生の軌跡~』というタイトルでした
放送日は不在で、タイマー予約で録画した番組を観ました
確かに、我が家にも在る初期のアリスの写真が使われていました
同じ写真なら、我が家のを使って欲しかったなぁ~というのが正直な感想です

それにしても制作担当者は、ありとあらゆる手を使って資料探しをするモノです
まさか、僕の去年の12月1日の急性アリス性腱鞘炎というブログから~『アリスファン』だと目星を付け、ブログを小マメに読み返し、去年の6月2日の春鹿寄席に参加しているのを見付け、春鹿の社長にコンタクトして~ブログのコピーを送信して『このブログの作者を教えて』と、探し出したのです
制作担当者の熱意に脱帽です

写真は、提供し損ねたアリスの写真集や深夜放送ファンの別冊

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント