新五千円札に『ノダフジ』

画像

今日の歩数・・・3368歩
今朝の血圧・・・138―80
今夜の血圧・・・125―78
今日は『平成最後の昭和の日』『平成最後の月曜日』です
史上初めての10連続の連休は、阪神高速が空いている事といったら有りません
高速を降りて一般道も空いていて、赤信号にも引っ掛からずにスムーズに特養に到着しました

さて、大阪の福島が発祥とされる『ノダフジ』は、古事記や万葉集にも登場して、足利義詮や豊臣秀吉が見物に訪れたという記録が残っています
江戸時代には全国的にフジの名所として有名でしたが、戦火に見舞われたり台風の被害に遇ったりして、ほぼ消滅してしまいました
約40年前から、地域の住民が再生に尽力し、平成7年には福島区が『区の花』として制定した~という歴史があります

ノダフジは、日本固有のフジの一種で、ツルが右巻きで50~70センチの程度の長い花房を付けます

令和6年に発行される新五千円札の裏側の図柄に、このノダフジが採用される事が決まりました
財務省の担当者は、採用の理由を『近代的な女子高等教育に取り組んだ津田梅子を肖像画とする新五千円札は紫色が基調、紫の花が美しいノダフジとも色合いが馴染むと判断された』のだそうです

これを機に、全国の方がノダフジや福島の歴史に関心を持ってくれれば、ノダフジのブームがやって来るかも分かりませんねぇ

写真は、新五千円札の図柄(裏側にノダフジ)、阪神電車 野田駅前の藤棚

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント