毎月のお勤め

画像

今日の歩数・・・12718歩
今朝の血圧・・・138―82
今夜の血圧・・・121―68
父親のお墓参りに行って来ました
今日、15日が月命日なのです
山の中腹に在る墓地霊苑は、この時期は流石に寒いです
その寒さのお蔭で、今回も1ヶ月前にお供えした墓花が、まだまだ綺麗でした
母親が元気だった頃は、毎月お坊さんに自宅に来て頂き、仏壇の前で読経をしてもらっていました
友人に聞くと、『ウチは月命日なんて、してないよぉ』との事です
富山の田舎の月命日のお参りは、家人が留守中でも勝手知ったるお坊さんが鍵の掛かっていない玄関から仏間に上がり込み、勝手に読経を済ませて、用意してある御布施を勝手に持って帰るのが当たり前だったそうです
それだけ、お寺と檀家の繋がりが深く信頼関係の上に成り立っていたのですねぇ
母親が入院した一昨年の3月以降は、富山の田舎の様に留守宅に勝手に上がって頂く訳にもいかず、毎月のお参りはお断りしています

ところで、法要と法事は同じ事だと思ったら、厳密には違うのだそうです
まず『法要』とは、故人の冥福を祈るために供養することを指し、故人の命日など節目ごとに行われます
一方、『法事』は法要の後にする会食なども含めた行事のことを意味しているのだそうです

年忌法要は、1周忌~3回忌~7回忌~13回忌~17回忌~23回忌~27回忌~33回忌~50回忌~というのが一般的です

父親が亡くなって35年になりますから、次の年忌法要は『50回忌法要』の15年後~という事になります
15年後なんて、そもそも僕が生きているかどうかも判りません

写真は、墓地霊苑からの冬の大阪平野

この記事へのコメント