民泊反対通りと民泊施設

画像

今日の歩数・・・10728歩
今朝の血圧・・・136―89
今夜の血圧・・・110―60
今日から2月です
今年の1月は、リフォームの為の仮住まいへの引っ越し等が在ったためか、特に早く過ぎた様な気がします
さて、そのリフォーム中の仮住まいから駅に行くのに、普段は通らない道路を歩いていると、いろんな発見があります
やたら『民泊反対』のポスターが各家々の軒先に掲示してあるなぁ~と思いながら歩いていると『民泊』そのものの一軒家が在るでは有りませんか
軒先には『民泊許可証』のステッカーと、利用者への注意書が日本語と中国語と英語で書いて有ります

急激なインバウンドの増加で、足りない宿泊施設を補う形で登場したのが『民泊』です
利用者には、ホテルよりも遥かに安い料金で泊まれる利便さと、提供者には空き家や空き室を有効活用できるというメリットがあります
しかし、問題点も多々ある様です
消防法や旅館業法との兼ね合いも在りますが、一番の問題は御近所トラブルです
だから、利用者への注意書が玄関に張り出して在るのですねぇ
因みに、その注意書には・・・・・

1・・宿泊施設での たむろ、大きな話し声は近隣住民へのご迷惑になります
2・・早朝深夜のスーツケースの音が ご迷惑になりますため荷物は持ち上げて商店街まで出てください
3・・早朝、19゜00以降は、施設内でも特にお静かに願います。暴れたり大きな声はお控えください
4・・宿泊施設以外でのゴミのポイ捨ては不法投棄となりますので厳禁です。ゴミが出た場合ホストまで連絡してください。回収に行きます
5・・宿泊施設周辺は禁煙です。タバコのポイ捨ては火事の原因にもなりますので絶対に行わないでください
6・・上記の約束を守っていただけない場合、マナーが悪い場合、強制的にチェックアウトして頂く場合があります

この『民泊』が、利用者と提供者はもちろん、近隣住民にとっても共存共栄できる様になれば、言うこと無しなのですがねぇ

写真は、『民泊反対』のポスターと、民泊許可証と民泊の一軒家と注意書

画像
画像
画像

この記事へのコメント