そんなに誉められたら照れるなぁ

画像

今日の歩数・・・3317歩
今朝の血圧・・・132―85
今夜の血圧・・・120―69
かつてのお役所は、落語の『ぜんざい公社』に在る様に、融通の利かない所~と言うのが通り相場でした
俗に『お役所仕事』という言葉を調べてみると、『形式主義に流れ、不親切で非能率的な役所の仕事振りを非難していう語』と有ります
しかし、これは随分昔の話で、今では『住民へのサービス業』という意識が徹底しています
ただ、人によっては慇懃無礼な職員が、タマに居るのも事実です
今日は、年金事務所へ行って来ました
受付で訪問の内容を告げると、チョッと真顔になり『実は、今年の3月から~』と切り出したのです
僕は、『今年の3月から制度が変わり、手続きがややこしくなったのかなぁ』と身構えました
すると、『今年の3月から制度が変わり、届けなくても自動的に変更されます』というので拍子抜けしたのです
でも、『せっかく来たのだから』と、確認して行く事になりました
待ち合いのロビーで、手渡された書類に必要事項を書く暇も無く、直ぐに窓口に呼ばれました
担当の年配女性に言われるままに、書類に名前や住所を書き込んでいると、声を掛けられました
担当女性『綺麗な字ですねぇ』
僕は子供の頃から、自分の字にコンプレックスを持っていたので、意外なお褒めの言葉に戸惑いました
『うそでしょ。初めて言われましたよ』
まぁ、単なるオベンチャラ~という事もあるので、続きを記入していると、また言われました
担当女性『(代筆を)頼まれるでしょ』
『とんでもない、頼んでばかりで、頼まれた事なんか無いですよ』
担当『ほんとに綺麗で、お上手ですよ』
『子供の頃から母親に、お前はもう少し丁寧に書きなさい~と怒られていましたよ』
担当『これで雑なら、丁寧に書いたらどないなるんですかぁ』
何処までも褒め誉め攻撃が終わりません
押印する箇所が在ったので、印鑑を取り出し押すと~
担当『まぁ立派な印鑑ですこと』

その後、担当者が記入する欄があり、ボールペンを持ちながら『(字の上手な人に)見られてたら緊張するわぁ』だって
これで手続きが終わったので、眼鏡を外しました
僕が普段かけている眼鏡は、『クイックリーダー』と言って、弦の部分が繋がっていて、右のレンズと左のレンズの間がマグネット式で外れる眼鏡です
NHKのBSで放送している、自転車で日本各地を巡る番組の火野正平さんが掛けている眼鏡と同じです

担当『まぁ、凄い眼鏡ですねぇ』

最初は字を誉められ、次に印鑑を誉められ、最後は眼鏡まで誉められてしまいました
お役所に行って、こんなに誉められて気分良くなったのは初めてです
でも、人間誰しも誉められて気分を害する人はいません
お世辞やヨイショだと分かっていても、嬉しいものです
初対面の人間が、その距離感を埋めるのは、やっぱりコミュニケーションの力で有り、相手の良い所を見出だす能力の様な気がします

写真は、誉め上手な職員の居る年金事務所

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント