これが、悲しい現実なのです

画像

今日の歩数・・・10702歩
今朝の血圧・・・136―89
今夜の血圧・・・120―76
今日は、父親の月命日の墓参りに行って来ました
月命日は15日ですから、チョッと早く来てしまいました
月命日の御参りは、『早くなるのは構わないけど、遅れてはいけない』と言い聞かされて来ました
ところが先月は、ギックリ腰の前兆が在り、整骨院通いを優先してしまい、1日遅れの16日に行ったのです
行かないよりはマシだろうと~『遅れたのでは無く、お彼岸の前倒しだ』と言い訳しての墓参りでした
今月も、明日と明後日は予定が入り、このままでは墓参りに行けそうには無いので、早目の御参りになってしまいました
それにしても、ギックリ腰の前兆の左腰の痛みが完全に治まるまで、1ヶ月の期間を要してしまいました
以前なら、例えギックリ腰をやってしまっても、10日ほどで完治していた筈なのに、回復力も衰えているのですねぇ
そう言えば、若い頃とは疲れ方が違うのです
若い頃は、ひと晩寝れば元気になったのが、年齢を重ねると回復は遅くなるし、筋肉痛は2日遅れでやってくるのです
悲しい現実ですねぇ

写真は、墓地霊苑から見た秋晴れの大阪平野

この記事へのコメント