愛知県の喫茶店文化を経験する

画像

今日の歩数・・・12958
今朝の血圧・・・121―74
今夜の血圧・・・134―79
久し振りに、喫茶店に入りました
しかも、喫茶店のモーニングセットなんて何年ぶりでしょう
チョット早起きしてやらなければならない用事があり、気が付けば朝ご飯を食べていない事に気がついたのです
コンビニでサンドイッチでも買おうかなぁ~と思いながら車を走らせていたら、『コメダ珈琲店』の看板が目に止まり、そのまま駐車場に進入したのです
愛知県発祥の『コメダ珈琲』『珈琲屋 らんぷ』が当地に進出しているのは知っていましたが、入るのは初めてです
愛知県は、喫茶店文化が発達していると言われています
特に、郊外の喫茶店はモーニングサービスの内容をより豪華にし、『休日は家族揃って喫茶店でモーニング』という愛知県独特の喫茶店利用のスタイルも生み出されました
その中でも『コメダ珈琲店』は、洗練されすぎず、昔ながらの大衆的なムードを守った雰囲気が、保守的な名古屋人には安心感をもたらして人気なのだそうです
さて、当地の『コメダ珈琲店』に入ってビックリしました
朝の9時を少し回った時間帯で、広い店内は満員です
待っている客が7人も居て、ウェイティングボードに自分の名前を書いて、順番待ちをしなければなりません
ほとんど、休日の夕方に見掛ける回転寿司店の待合室状態です
でも、寿司屋よりも回転は早く、暫く待ってテーブルに案内されました
年配の夫婦連れや主婦同士、若いカップルや小さな子供連れのファミリーまで、沢山の人で大入り満員です
愛知県の喫茶店文化は、既に大阪でも受け入れられている様です
モーニングは3種類です
A・・定番ゆで玉子
B・・手作り たまごペースト
C・・名古屋名物おぐらあん
後はオプションで、サラダやトーストの追加等があります
僕は、Bの『手作りたまごペースト』と、せっかくの愛知県の喫茶店文化を味わってみたくなり、オプションで『おぐらあん』を頼み、飲み物は『たっぷりカフェオレ』にしました
モーニングメニューに代金が書いていないので、『いったい幾らなんだろう?』と思ったら、飲み物の値段だけで、A~Cのサービスが付いて来るシステムでした
僕はオプションで60円の『おぐらあん』、『大盛』のカフェオレを注文したので100円アップで合計620円でした
オプションや大盛をオーダーしなければ、460円でモーニングセットが食べられた訳です

写真は、コメダ珈琲とモーニングセット

画像
画像

この記事へのコメント