短くしてみましたが、もっと早くするべきだったかなぁ?

画像

今日の歩数・・・3157
今朝の血圧・・・134―88
今夜の血圧・・・133―75
散髪に行って来ました
勿論、毎度お馴染みの千円カットの店です
いつもなら『どの位にしますか?』と聞いてくれて、僕は『耳が出るくらい』というのが常でした
ところが今日は『どの位にしますか?』では無くて『短くしますか?』と来たのです
思わず『はい』と答えてしまってから、『あれ?何時もと違うやん。短く~って、どれぐらい短いんだろう』と急に心配になって来たのです
でも、今さら『短くでは無く、耳が出るくらいに』とは訂正できない気弱な僕なのです
初めて入る散髪屋さんでは、何時も髪型を指定せずに『お任せ』にしていました
それは、何時も通りの髪型では無く初めて入った散髪屋さんの感性でカットした髪型が、もしかしたら今以上に似合うかも知れない~と思うから『お任せ』でお願いしていたのです
ところが大学生の頃に、たまたま近所の初めて入った散髪屋さんで『お任せ』にして、リーゼントにされてしまった苦い経験が有るのですが、懲りていないのです
さて、今日の『短くしますか?』『はい』と答えた結果は、なかなかサッパリして良いではありませんか
これなら、もっと暑かった頃に、思い切って短くした方が良かったかもねぇ

写真は、毎度お馴染みの千円カットの店

この記事へのコメント