将来貯金という大人の事情で人生の不条理を学ぶのです

画像

今日の歩数・・・5204
今朝の血圧・・・147―81
今夜の血圧・・・125―70
母親がお世話になっている特養に、名古屋の孫が家族揃ってお見舞いにやって来ました
名古屋の姉の娘、僕からすれば姪っ子家族です
12年ほど前に結婚して、名古屋で行われた結婚式には僕も当時89歳の母親を連れて参列しました
その姪っ子も、既に1男1女のお母さんです
今日は東大阪に住む義理の弟宅に、義父義母を連れての来阪だそうです
そして姪っ子家族は4人して、この後はUSJ観光なのだそうです
せっかく大阪へ行くなら~しかも弟の東大阪まで行くなら『お祖母ちゃんにも会おう』と旦那さまが提案してくれたのだそうです
姪っ子と子供達には何度か逢っていますが、姪っ子の旦那さまの義甥とは結婚式以来12年ぶりになります
ご本人は、結婚式で逢った奥さんの親戚の顔なんてイチイチ覚えていないでしょうから、初のご対面の様なモノです
名古屋から来ると、大阪は『涼しく感じる』そうですから、ビックリですねぇ
子供達も暫く見ない内に、すっかり大きくなりました
因みに姪の子供は、又甥・又姪(またおい・まためい)と言うそうですが、姪孫(てっそん)ともいうらしいです
大叔父さんとしては、久し振りに逢う子供達に、お小遣いのプレゼントでチョッとエエかっこをしてみました
僕が子供の頃、お正月は来客が多く、お客さんから貰える『お年玉』が楽しみでした
小学校に上がる前から、毎年ウン万円が集まっていました
でも必ず、父親母親が『お前の名前で貯金しといたる。大人になったら好きに使ったらエエわぁ』と言って『将来貯金』をしてくれていた筈なのですが、あの貯金は一体何処へ消えてしまったのでしょうねぇ
僕が渡したお小遣いも『将来貯金』という名のもとに、何処かへ消えて行くのかなぁ
まぁそれはそれで良いと、大人になった今だから『大人の事情』が良く理解できるのです
そして子供は、人生の不条理を学んで行くのです
久し振りに孫と曾孫に逢った母親は、それなりに刺激があったみたいです
孫や曾孫の名前を口にしていましたが、その下の孫との年齢差は93歳もあります

写真は、孫と曾孫との久し振りの御対面~お小遣いのポチ袋

画像

この記事へのコメント