自然災害の平成時代

画像

今日の歩数・・・4159
今朝の血圧・・・139―84
今夜の血圧・・・117―67
大型台風12号は、これまでに無い東から西へと進み、深夜1時頃に三重県鈴鹿市に上陸した後、大阪市を通り抜け西日本を横断して九州方面へ進みました
これまでの台風とは逆方向に進むのは、経験が通用しない100年に1度の珍しい動きだそうです
しかも今回の台風は『台風一過』とはならず、台風が去った後も雨雲に覆われるのだそうです
豪雨災害に見舞われた西日本の被災地が心配になります
俗に、二十世紀は『戦争の世紀』と言われましたが、平成は『自然災害の時代』と言えそうです
平成7年の阪神淡路大震災、平成23年の東日本大震災が象徴的ですが、平成28年には熊本地震もありました
そして、平成最後の今年だけでも、大阪で初の震度6弱を記録した大阪北部地震や西日本豪雨災害、気象庁が『災害級の命にかかわる暑さ』と表現している全国的な猛暑など、自然の脅威を見せ付けられた平成の30年間でした

写真は、『台風西進』を伝える朝刊

この記事へのコメント