お中元、関東と関西では贈る時期が違う?

画像

今日の歩数……3821歩
今朝の血圧……136―83
今夜の血圧……138―79
現役の頃は『お中元』は、たくさん送っていましたが、それなりに頂いてもいました
最近は、めっきり少なくなってしまって、楽な反面すこし寂しいかなぁ
ところで、関東にお住まいの方に送る時、今日からは『お中元』ではなく『暑中見舞い』として贈らなけらばならないって、知ってましたか
お中元を贈る時期は関西や関東など、地域によって違うんです

◆一般的なお中元を贈る時期

関東では6月下旬~7月15日までに届くように贈る

関西では7月上旬~8月15日までに届くように贈る

近頃では、関西、関東の地域差がなくなってきているのか地域に関係なく、6月下旬から8月15日の時期で贈られる場合もあるようです
多分、これはデパート等の【お中元商戦】で、年々スタートを速めて、お客さんを取り込もうという作戦に乗せられているのだと思います
お中元を贈る時期で、どうしても心配ならば、関西と関東の時期が重なる7月10日頃にお中元が着くようにすれば間違いない訳です 
ところで、お中元の由来とは・・・
お中元の中元とは、道教の三元のうちのひとつで、陰暦の7月15日を指します
中元とは、罪滅ぼしのために、火を1日中焚いて、盛大なお祭をしていました
この習慣が日本に伝わり、仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)と、混ざって、先祖を供養する日になりました
そして、時間が経つにつれて、お中元に親類などに、盆のお礼として贈り物をするようになり、現在のお中元になったと言われています
もともとの中元は、旧暦の7月15日ですが、新暦で考えると時期にズレが出てきます
例えば・・・・・・
旧暦2018年7月15日は、新暦だと8月25日になります(今年は、特に遅いですが、旧暦に対して新暦は毎年変わります)
関東地方の人は、新暦で考えるので7月15日までに届くように贈るようになり、関西地方の人は、旧暦を基準にするので7月15日から8月15日の間に贈るようになり、地域によって、お中元の時期の違いになったようです

因みに、我が家は新暦でも旧暦でも拘りませんので、いつ送って下さっても結構ですよ~まだ、間に合いますよぉ
ついでに、僕の誕生日は3月23日ですが、誕生日プレゼントの受付も前後半年づつの余裕を設けていますので、ご安心下さい

この記事へのコメント