経験者は冷静で強いです

画像

今日の歩数……3644歩
今朝の血圧……134―89
今夜の血圧……135―78
朝の地震には驚きました
既に起きていて、そろそろ顔でも洗おうかと思った時に突然『ド~ン』という音がして、一瞬『爆発かぁ?』と思う間もなく、強い縦揺れの後に横揺れです
揺れている間は、何も出来ませんでした
ただただ、揺れが収まるのを待つだけで、『これ以上、揺れないで早く収まって』と祈るしか有りませんでした
揺れが収まって、取り敢えず『水の確保』と、お風呂のバスタブに水を張ろうとしたら、既にパートナーが蛇口を捻っていました
流石、阪神淡路大震災を西宮で経験している人は冷静で強いです
幸い我が家はコップの1個も割れる事も無く、壁に架けていた額が落ちた程度で被害は全く有りませんでした
ライフラインも一瞬だけ停電しましたが、直ぐに復旧しました
パトカーなのか救急車なのか、緊急車両のサイレンの音とヘリコプターの爆音が時々聞こえて来るのが非常時を意識させます
一番最初に安否確認の連絡をくれたのは、愛知県の姪っ子でした
その後も東京の姪っ子からメール、横浜の兄と名古屋の甥っ子から電話が有り、愛知県の姉からのメール、富山の親戚から電話と続きました
さらに宮崎~北海道~岡山県津山~熊本~徳島~東京~和歌山~と、各地の友人達が心配してメールをくれました
有り難いことです
阪神淡路大震災の時は、豊能郡豊能町に住んでいましたから震源地とは距離が有りましたが、それでもかなりの揺れを感じました
今回は震源地の割合近くで、本当に恐怖を感じました
何しろ、大正12年に地震観測を始めてから、大阪での震度6弱は初めての事だそうです
被害に遭われた皆様に、お見舞い申し上げます

少し落ち着いて、取り敢えずシャワーを浴びようとバスルームに入り、素っ裸でシェービングクリームを顔に付けたまま蛇口を捻りました
何時もなら直ぐにお湯に変わるのに、今日は何時まで経っても水のままです
電気と水道のライフラインは確認しましたが、ガスの確認はしていません
さっきの地震で、ガスの供給がストップしているに違いありません
パートナーにその旨を告げると、バスルームにやって来たパートナーが『カランをお湯の方にしないと、何時まで待っても水よ』と言うのです
ホンマやぁ~水の方になってるがなぁ~
流石、阪神淡路大震災を経験した人は冷静で強いです
因みに、ド~ンと音がなったのは地震自体ではなくて、建物全体の音だそうです
これも、阪神淡路大震災経験者からの情報です

写真は、テレビの地震特番画面

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント